コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福岡中央銀行 ふくおかちゅうおうぎんこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

福岡中央銀行
ふくおかちゅうおうぎんこう

福岡,北九州を地盤とする地方銀行。 1951年正金殖産無尽として設立,52年正金相互銀行と改称。 68年福岡証券取引所への株式上場を果したものの,71年に支店長の不祥事発覚が発端となって信用・業績ともに急落した。これに対し福岡銀行から社長・専務を迎えることで再建をはかった。 89年普通銀行に転換するとともに現行名に変更。地域密着型の小回り経営で,中小企業個人取引に強みを発揮する。資金量 3080億 5800万円,資金構成は定期 78%,普通 14%,当座3%,通知0%,その他5%。経常収益 119億 1300万円 (連結) ,資本金 25億円,従業員数 535名,店舗数 41 (1999) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

福岡中央銀行

正式社名「株式会社福岡中央銀行」。通称「福中銀」。英文社名「THE FUKUOKA CHUO BANK, LTD.」。銀行業。昭和26年(1951)「正金殖産無尽株式会社」設立。同27年(1952)「株式会社正金相互銀行」に改組。平成元年(1989)普通銀行に転換し現在の社名に変更。本店は福岡市中央区大名。第二地方銀行。福岡・北九州市中心に展開。地元密着型。福岡証券取引所上場。証券コード8540。

出典|講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

福岡中央銀行の関連キーワード劉邦高祖劉邦岡山(県)馬王堆漢墓農家柔道地方議員の年金北九州八幡東病院全国高校駅伝

福岡中央銀行の関連情報