コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福栄[村] ふくえ

世界大百科事典 第2版の解説

ふくえ【福栄[村]】

山口県北部,阿武郡の村。人口2814(1995)。村内を大井川が南西流し,南部の川上村との境を流れる阿武川には,1975年完成した県営阿武川ダムがある。中心集落の福井下は萩から津和野に至る石州街道が通じ,近世には宿駅が置かれた。村域の大部分が山林で,米作のほかハクサイ,シイタケ,ブドウ,クリの栽培,無角和牛の飼育が行われている。大井川中流の雄滝雌滝秋吉造山運動の一翼を担う佐々連(さざれ)鍾乳洞,半田台のカルスト地形などの景勝や重要文化財の森田家住宅がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

福栄[村]の関連キーワード五竜岳佐藤食品工業X線単位真日長し南牧村民俗資料館富山県埋蔵文化財センター関西ペイントストーニーポイントムバンダカ朝来(市)

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android