コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福栄[村] ふくえ

1件 の用語解説(福栄[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ふくえ【福栄[村]】

山口県北部,阿武郡の村。人口2814(1995)。村内を大井川が南西流し,南部の川上村との境を流れる阿武川には,1975年完成した県営阿武川ダムがある。中心集落の福井下は萩から津和野に至る石州街道が通じ,近世には宿駅が置かれた。村域の大部分が山林で,米作のほかハクサイシイタケブドウ,クリの栽培,無角和牛の飼育が行われている。大井川中流の雄滝と雌滝,秋吉造山運動一翼を担う佐々連(さざれ)鍾乳洞,半田台のカルスト地形などの景勝や重要文化財の森田家住宅がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

福栄[村]の関連キーワード五竜岳佐藤食品工業真日長し朝来(市)五龍岳南富良野(町)朝来市の要覧

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone