コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福知山藩 ふくちやまはん

5件 の用語解説(福知山藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

福知山藩
ふくちやまはん

江戸時代,丹波国福知山地方 (京都府) を領有した藩。天正 18 (1590) 年小野木公郷が豊臣秀吉の命により3万 1000石で入封したが,関ヶ原の戦いで西軍に属したため除封され,代って有馬豊氏が遠江 (静岡県) 横須賀から6万 1000石で入封 (のち8万 1000石) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

藩名・旧国名がわかる事典の解説

ふくちやまはん【福知山藩】

江戸時代丹波(たんば)国天田(あまた)郡福知山(現、京都府福知山市)に藩庁をおいた、初め外様(とざま)藩、のち譜代(ふだい)藩。藩校は惇明館(じゅんめいかん)。1600年(慶長(けいちょう)5)の関ヶ原の戦での戦功により、有馬豊氏(ありまとようじ)が6万石で入り立藩した(外様)。以後、天領をはさみつつ、岡部長盛(ながもり)(譜代5万石)、稲葉紀通(のりみち)(外様4万5000石)、松平(深溝(ふこうず))忠房(ただふさ)(譜代4万5900石)と続いた。次いで、常陸(ひたち)国土浦(つちうら)藩から譜代の朽木稙昌(くつきたねまさ)が3万2000石で入封(にゅうほう)。以後明治維新まで朽木氏が13代続いた。8代昌綱(まさつな)は蘭学の研究で知られ蘭学大名と称された。9代倫綱(ともつな)、10代綱方(つなかた)も領民の教化に熱心で、藩校惇明館もこの時期に開設された。1871年(明治4)の廃藩置県福知山県となり、その後、豊岡(とよおか)県を経て76年京都府に編入された。

出典|講談社
藩名・旧国名がわかる事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふくちやまはん【福知山藩】

丹波国天田郡福知山(現,京都府福知山市)に藩庁を置いた譜代小藩。初期の有馬氏は外様中藩。1585年(天正13)小野木重勝が3万1000石で入封したが,関ヶ原の戦で西軍に味方して自刃し除封となる。1600年(慶長5)6万石で入封した有馬豊氏は,父則頼の所領摂津三田(さんだ)2万石を併せ,過酷な総検地で石高を12万石とした。本格的な城郭はこの時代に整備完成したものといわれる。21年(元和7)には岡部長盛,24年(寛永1)には稲葉紀通が入封しているが,紀通は発狂して家臣を殺し除封。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

福知山藩
ふくちやまはん

丹波(たんば)国福知山(京都府福知山市)周辺を領有した譜代(ふだい)藩。1600年(慶長5)有馬豊氏(ありまとようじ)が6万石で入封。のち有馬氏が久留米(くるめ)に転じると、丹波亀山(かめやま)から岡部長盛(ながもり)(5万石)が入封。1624年(寛永1)長盛が美濃(みの)(岐阜県)大垣に転じ、ついで稲葉紀通(のりみち)(4万5000石)が摂津(大阪府)中島より入ったが、紀通は48年(慶安1)狂気により自殺、除封となる。翌49年三河(愛知県)刈谷(かりや)から松平(深溝(ふこうず))忠房(ただふさ)(4万5900石)が入封。のち1669年(寛文9)肥前(長崎県)島原に転じ、かわって常陸(ひたち)(茨城県)土浦から朽木稙昌(くつきたねまさ)(3万2000石)が入封。以後13代続いて廃藩置県に至る。その間、10代綱方(つなかた)のとき藩校惇明館(じゅんめいかん)を開いた。享保(きょうほう)(1716~36)ごろになると藩財政は困窮し、5代朽木玄綱(とうつな)のとき藩財政改革を行ったが、住民の反発を招き、1734年(享保19)強訴(ごうそ)となった。また12代綱張(つなはる)のときには相次ぐ厳しい倹約令と物資統制を行ったことに領民が反発し、1860年(万延1)市川騒動とよばれる大規模な強訴が起き、四郷の農民は大挙して豪商、村役人宅へ打毀(うちこわし)をかけた。1871年(明治4)廃藩、福知山県、豊岡県を経て京都府に編入された。[井上正一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

福知山藩の関連情報