秋葉山古墳群(読み)あきばやまこふんぐん

国指定史跡ガイドの解説

あきばやまこふんぐん【秋葉山古墳群】


神奈川県海老名市上今泉にある古墳群。県のほぼ中央を南北に流れる相模(さがみ)川から2kmほど東、標高75~80mの丘陵頂部に立地。1988年(昭和63)から実施された発掘調査でほぼその全容が判明。古墳群のうち最も古いのが3号墳で、前方後方形の墳丘が卓越する東日本において、最古級の前方後円形の墳丘をもつ。4号墳の墳丘は全長37.5m以上の前方後方形で、後方部の北から西にかけては幅4mほどの周溝が確認されている。2号墳は墳丘の全長50.5mの前方後円形で、最も新しい1号墳の墳丘は全長59mの前方後円形。5号墳は周溝を含めると1辺26mの方墳で、1号墳と同じ特徴をもった土器がわずかに確認された。これらの古墳は、古墳時代初頭を前後する時期に継続的に営まれたもので、とくに3号墳は、東日本では数少ない貴重な例である。土器の分析から、前方後円墳の出現期に集団間の交流のあり方に変化があったと考えられ、南関東における社会を考えるうえで重要とされ、2005年(平成17)に国の史跡に指定された。相模鉄道本線かしわ台駅から徒歩約20分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

関連語をあわせて調べる