コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

科学技術会議 かがくぎじゅつかいぎ

3件 の用語解説(科学技術会議の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

科学技術会議
かがくぎじゅつかいぎ

科学技術政策の樹立についての内閣総理大臣諮問機関。議長と議員 10人から構成される。議長は内閣総理大臣で,議員は当時の大蔵大臣文部大臣経済企画庁長官,科学技術庁長官,日本学術会議会長,および学識経験者5人である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かがくぎじゅつかいぎ【科学技術会議】

科学技術政策を総合的にかつ重点的に推進するために,内閣総理大臣の諮問機関として1959年に総理府に設けられた。科学技術一般に関する基本的また総合的政策に関し,また長期的,総合的な研究目標の設定などについて諮問を受けて答申し,また答申後に意見を述べる。おもなものとして数年ごとに〈科学技術振興の基本方策〉(いわゆる長期計画)の答申を行っている。会議は内閣総理大臣を議長とし,科学技術庁長官,文部大臣ほか関係閣僚,日本学術会議会長ならびに学識経験議員5人(うち2人は常勤)から成る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

科学技術会議
かがくぎじゅつかいぎ

1959年(昭和34)に設置された旧総理府本府の一機関であり、科学技術政策に関する審議機関であったが、2001年(平成13)1月、総合科学技術会議が設置されるとともに廃止された。科学技術会議は、内閣総理大臣を議長とし、大蔵大臣、文部大臣、経済企画庁長官、科学技術庁長官、日本学術会議会長、学識経験者(5名)からなっていた。内閣総理大臣は、科学技術(人文科学のみにかかわるものを除く)に関し、基本的・総合施策の樹立などにつき、総合調整の必要があるとき会議に諮問しなければならなかった。答申後も、内閣総理大臣に意見を述べる権限を与えられた。その後、科学技術政策の重要事項を適時、的確に処理し、機動的・弾力的な科学技術政策の展開を図るため、学識経験者を含む各界の有識者で構成される政策委員会も設置され、さらに、科学技術基本法(1995年11月施行)において、政府は、科学技術基本計画を策定するにあたっては、科学技術会議の議を経なければならないことも定められ、科学技術政策におけるその役割の重要性が増していた。科学技術会議の答申として、たとえば「ライフサイエンスに関する研究開発計画について」や「未来を拓(ひら)く情報科学技術の戦略的な推進方策の在り方について」の諮問に対する答申がある。[平田和一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の科学技術会議の言及

【科学技術政策】より

…1985年職業能力開発促進法と改称・改正)が制定された。さらに科学技術政策を強力,総合的に進めるための審議機関として,59年内閣総理大臣を議長とする科学技術会議が発足した。一方,新しい研究分野に対する研究機関の新設・整備が進められた。…

※「科学技術会議」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

科学技術会議の関連キーワード科学技術基本法科学技術庁総合科学技術会議科学技術創造立国森林・林業基本計画水産基本計画計算科学技術活用型特定研究開発推進事業科学技術政策科学技術政策委員会科学技術政策局

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

科学技術会議の関連情報