コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲山嘉寛 いなやまよしひろ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

稲山嘉寛
いなやまよしひろ

[生]1904.1.2. 東京
[没]1987.10.9. 東京
経営者,財界人。東京大学を卒業し八幡製鉄所に勤める。 1962年八幡製鉄社長。 68年永野重雄富士製鉄社長とともに,二大製鉄大合併の構想を打出し,70年新日本製鐵発足に漕ぎつけ,初代社長となった。 73年会長。「鉄は国家なり」を地でゆく高度経済成長日本の推進力的存在であった。 80年5月土光敏夫の跡を襲い第5代の経団連会長となり,86年5月同名誉会長となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲山嘉寛 いなやま-よしひろ

1904-1987 昭和時代の経営者。
明治37年1月2日生まれ。昭和3年商工省にはいり,官営八幡(やはた)製鉄所(のち日本製鉄)につとめる。25年日本製鉄の分割にともない八幡製鉄の常務となり,37年社長。鉄鋼業界の協調につとめ,45年富士製鉄との対等合併を成立させ,新日本製鉄社長に就任。55年経団連会長。昭和62年10月9日死去。83歳。東京出身。東京帝大卒。
【格言など】己の分を知っている人は,人の信頼も得られ,社会の中で重くなっていく(組織のなかでのあり方について)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

稲山嘉寛
いなやまよしひろ
(1904―1987)

経営者。東京都生まれ。1927年(昭和2)東京帝国大学経済学部商業学科を卒業し、商工省に入り官営八幡(やはた)製鉄所に勤務。同製鉄所は、1934年製鉄大合同で日本製鉄となったが、1950年日本製鉄は解体され、八幡製鉄となった。1961年八幡製鉄副社長、1962年社長に就任。1970年同社が富士製鉄と合併し新日本製鉄が発足すると、その社長となる。1973年同会長。1953年日本鉄鋼輸出組合理事長、1965年日本鉄鋼連盟会長、1968年経済団体連合会(現、日本経済団体連合会)副会長、1980年同会長を歴任。昭和62年10月9日没。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の稲山嘉寛の言及

【経済団体連合会】より

…1968‐74),土光敏夫(元,石川島播磨重工業社長。1974‐80),稲山嘉寛(元,新日本製鉄社長。1980‐86),斎藤英四郎(元,新日本製鉄社長。…

※「稲山嘉寛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

稲山嘉寛の関連キーワード斎藤英四郎名和 太郎新日本製鉄八幡製鉄所東京大学1月2日財界人

稲山嘉寛の関連情報