コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲山嘉寛 いなやまよしひろ

3件 の用語解説(稲山嘉寛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

稲山嘉寛
いなやまよしひろ

[生]1904.1.2. 東京
[没]1987.10.9. 東京
経営者,財界人。東京大学を卒業し八幡製鉄所に勤める。 1962年八幡製鉄社長。 68年永野重雄富士製鉄社長とともに,二大製鉄大合併の構想を打出し,70年新日本製鐵発足に漕ぎつけ,初代社長となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲山嘉寛 いなやま-よしひろ

1904-1987 昭和時代の経営者。
明治37年1月2日生まれ。昭和3年商工省にはいり,官営八幡(やはた)製鉄所(のち日本製鉄)につとめる。25年日本製鉄の分割にともない八幡製鉄の常務となり,37年社長。鉄鋼業界の協調につとめ,45年富士製鉄との対等合併を成立させ,新日本製鉄社長に就任。55年経団連会長。昭和62年10月9日死去。83歳。東京出身。東京帝大卒。
【格言など】己の分を知っている人は,人の信頼も得られ,社会の中で重くなっていく(組織のなかでのあり方について)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

稲山嘉寛
いなやまよしひろ
(1904―1987)

経営者。東京都生まれ。1927年(昭和2)東京帝国大学経済学部商業学科を卒業し、商工省に入り官営八幡(やはた)製鉄所に勤務。同製鉄所は、1934年製鉄大合同で日本製鉄となったが、1950年日本製鉄は解体され、八幡製鉄となった。1961年八幡製鉄副社長、1962年社長に就任。1970年同社が富士製鉄と合併し新日本製鉄が発足すると、その社長となる。1973年同会長。1953年日本鉄鋼輸出組合理事長、1965年日本鉄鋼連盟会長、1968年経済団体連合会(現、日本経済団体連合会)副会長、1980年同会長を歴任。昭和62年10月9日没。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の稲山嘉寛の言及

【経済団体連合会】より

…1968‐74),土光敏夫(元,石川島播磨重工業社長。1974‐80),稲山嘉寛(元,新日本製鉄社長。1980‐86),斎藤英四郎(元,新日本製鉄社長。…

※「稲山嘉寛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

稲山嘉寛の関連キーワード安西正夫喜多村実小島文夫田中百畝都留勝利日高輝堀越禎三松岡松平森下泰米田健三

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

稲山嘉寛の関連情報