コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穀倉院 コクソウイン

3件 の用語解説(穀倉院の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こくそう‐いん〔コクサウヰン〕【穀倉院】

平安時代、京都にあった朝廷の穀物倉庫。畿内諸国の調銭や、無主の位田職田(しきでん)没官(もっかん)田などの米穀を納めておいて、年間の供応の食料、貧民救済、学問料に充てた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こくそういん【穀倉院】

平安時代の令制外の官司。成立時期未詳。9世紀初め京の窮民のための非常用貯穀庫として設置された。のち律令財政が衰退し,令制官司が変質しはじめるとしだいに機能を拡大し,畿内調銭,無主位田,職田地子,没官田地子,年料租舂米(そしようまい)などを徴納し,貴族官人が没したさいの賻物(ふもつ)支給,学問料給付,宮廷行事のさいの饗饌弁備等を行った。このうち饗饌弁備は宇多天皇の前後の時代に成立した新儀,あるいは臨時の内廷行事に関するものが中心で,多くの場合,内蔵寮,後院とともに供饌を分担した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こくそういん【穀倉院】

平安時代、畿内諸国からの調銭、無主の位田・職分田しきぶんでん・没官田もつかんでんなどからの穀物を納めた朝廷の倉庫。饗饌きようせん・救貧・学問料にあてた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

穀倉院の関連キーワード所司弾正台采女司旧事紀制外孫姫式平安時代文学平安朝方略真守

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone