コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穀倉院 コクソウイン

世界大百科事典 第2版の解説

こくそういん【穀倉院】

平安時代の令制外の官司。成立時期未詳。9世紀初め京の窮民のための非常用貯穀庫として設置された。のち律令財政が衰退し,令制官司が変質しはじめるとしだいに機能を拡大し,畿内調銭,無主位田,職田地子,没官田地子,年料租舂米(そしようまい)などを徴納し,貴族官人が没したさいの賻物(ふもつ)支給,学問料給付,宮廷行事のさいの饗饌弁備等を行った。このうち饗饌弁備は宇多天皇の前後の時代に成立した新儀,あるいは臨時の内廷行事に関するものが中心で,多くの場合,内蔵寮,後とともに供饌を分担した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こくそういん【穀倉院】

平安時代、畿内諸国からの調銭、無主の位田・職分田しきぶんでん・没官田もつかんでんなどからの穀物を納めた朝廷の倉庫。饗饌きようせん・救貧・学問料にあてた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

穀倉院の関連キーワード五条 為栄丹波重雅小槻奉親清原頼業賀茂保憲中原師茂小犬丸保平安時代中原師顕救貧蔵人

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android