コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空空寂寂 クウクウジャクジャク

デジタル大辞泉の解説

くうくう‐じゃくじゃく【空空寂寂】

《「空寂」のそれぞれの字を重ねて意味を強めた語》
[名]仏語。宇宙の有形無形の一切は、その実体・本性が空であって、思惟分別を超えていること。
[ト・タル][文][形動タリ]ひっそりと静まりかえっているさま。また、心が何物にもとらわれないさま。
「―として天命を楽しんでいるかのように思われた」〈寅彦・備忘録〉
[形動][文][ナリ]に同じ。
「無駄か。お前にゃ―だ」〈二葉亭訳・あひゞき

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くうくうじゃくじゃく【空空寂寂】

( 名 )
〘仏〙
宇宙のすべての物の実体が空であること。
煩悩ぼんのう・執着がなく、悟りすましたような状態。
( トタル ) [文] 形動タリ 
何もなくて静かなさま。何も考えないさま。 〔日葡〕
( 形動 ) [文] ナリ 
に同じ。 「たわいもなく-に暮した何年間かの夢が瞎然かつぜん覚めると/復活 魯庵

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android