コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空閑地 クウカンチ

4件 の用語解説(空閑地の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くうかん‐ち【空閑地】

利用されずに放置されている土地。空き地。
まだ開墾・整地されていない荒れ地。
荘園制下の免租地。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

くうかんち【空閑地】

日本古代の律令制下においては,未開の土地で,おもに開墾の対象となるような地を指す。ただし,閑地(あき地の意)と同じような意味で使用される場合もある。757年(天平宝字1)に施行された養老令では,国司と防人(さきもり)に関係する土地の名称として使用されている。一つは任地の国内において国司に対して稲作の営種が許される土地で,任期中に限って用益権があり,交替の日に国家に返還する。他の一つは,防人に対して守衛地の近辺に支給される土地で,防人の食料にあてる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

くうかんち【空閑地】

使っていない土地。空き地。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

空閑地
くうかんち

古代の律令制において、開墾の対象となる未墾の土地。養老令では、田令(でんりょう)荒廃条に国司が任期中にかぎり開墾できる規定がある。また、軍防令には、防人(さきもり)に対し守衛地の近辺に食料用の土地として支給され、水田ないし陸田として営まれた。なお、大宝令の田令には空閑地の語が存在した可能性は少ない。未墾の土地は、唐令と同じように荒地(こうち)といわれたと考えられる。711年(和銅4)に、官人にかぎらず一般的に空閑地の開墾を認める手続きの詔が出された。722年(養老6)には百万町歩開墾計画が出され、「荒野・閑地」への雑穀栽培が奨励された。[吉村武彦]
『弥永貞三著『日本古代社会経済史研究』(1980・岩波書店) ▽吉村武彦著『日本古代の社会と国家』(1996・岩波書店) ▽天一閣博物館他校證『天一閣蔵明鈔本天聖令校證』(2006・中華書局)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone