コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立作太郎 たちさくたろう

4件 の用語解説(立作太郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立作太郎
たちさくたろう

[生]1874.3.15. 東京
[没]1943.5.13. 東京
国際法学者。旧幕臣で,のち外務省翻訳官をつとめた嘉度 (広作) の子。 1900年ヨーロッパに留学,04年帰国後ただちに東京大学の外交史担当の初代教授 (1904~35) となり,のちに国際法も合せて担当した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

立作太郎 たち-さくたろう

1874-1943 明治-昭和時代前期の国際法学者。
明治7年3月15日生まれ。立嘉度(よしのり)の子。明治33年ヨーロッパに留学。帰国後東京帝大教授となり,外交史,国際法を担当。外務省の嘱託もつとめ,パリ講和会議,ワシントン会議などの国際会議に参加。昭和18年5月13日死去。70歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「平時国際法論」「戦時国際法論」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

たちさくたろう【立作太郎】

1874‐1943(明治7‐昭和18)
国際法学者。東京生れ。1897年東京帝国大学法科大学政治学科を卒業後ただちに大学院に進学。フランスイギリスドイツへ留学ののち,1904年に母校の教授となり,外交史と国際法を担当する。08年に法学博士。訳書をはじめ,非常に多数の著書・論文を発表したが,なかでも《平時国際法論》(1930)と《戦時国際法論》(1931)は,国際法に関する日本ではじめての本格的な体系書として高く評価されている。外務省の嘱託として,多数の国際会議に出席した関係もあって,《時局国際法論》(1934),《現実国際法諸問題》(1937)など,時事問題を扱った著作も多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

立作太郎
たちさくたろう
(1874―1943)

国際法学者。東京生まれ。1897年(明治30)東京帝国大学法科大学政治学科卒業。1900年(明治33)外交史研究のためイギリス、ドイツ、フランスに留学、04年帰国後東京帝国大学教授となり、外交史、のち国際法を担当。05年法学博士、20年(大正9)日本学士院会員となる。また、09年ロンドン海戦法規会議、19年パリ講和会議、22年ワシントン会議、30年(昭和5)ハーグ国際法典編纂(へんさん)会議に出席。34年に定年退官し同大学名誉教授となる。この間30年にわたり国際法を講義、退官後も多くの研究書を著した。日本におけるオーソドックスな国際法学の創始者で、ホールやオッペンハイムの研究の基礎のうえに、独自の丹念で綿密な研究を積み重ね、実証的国際法学を樹立した。学問一筋に生きた学者で、国際法と外交史に関する著書、論文がきわめて多く、主著には『平時国際法論』(1930)、『戦時国際法論』(1931)などがある。[池田文雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

立作太郎の関連キーワード江川英文安井郁横田喜三郎伊藤不二男小田滋折茂豊田岡良一高野雄一田中誠二松波仁一郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone