コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立涌 タチワキ

デジタル大辞泉の解説

たち‐わき【立×涌】

たてわく

たて‐わき【立×涌】

たてわく

たて‐わく【立×涌】

文様の一。相対する2本の曲線の中央がふくれ、両端がすぼまった形を縦に並べたもの。親王や関白の袍(ほう)・指貫(さしぬき)・袿(うちき)などの織り文に用いる。中に描く文様によって、雲立涌・笹立涌・松立涌などの種類がある。たてわき。たちわき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

立涌【たちわき】

立涌(たてわく)

立涌【たてわく】

〈たちわき〉とも読む。有職(ゆうそく)文様の一つ。相対した曲線が中央でふくれ両端ですぼまった連続模様。菊,藤,雲,波などの模様をあしらうことが多い。主として衣料に応用され,特に平安以来装束織模様として用いることが多かった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

立涌
たてわく

「たちわき」「たちわく」ともいう。雲などがむくむくと「たちわく」さまに見立てて名づけられたという。向かい合った2本の波状曲線によって構成された幾何学模様。ちょうど菱(ひし)つなぎ模様の角をとり、曲線化すればこの模様に近づく。波状曲線によって囲まれた瓢(ひさご)形の空間に菊、雲、松、藤(ふじ)、浪(なみ)などのモチーフを入れて、菊立涌、雲立涌、松立涌、藤立涌、浪立涌などとよんでいる。中国唐代の唐草(からくさ)にこれと類似した形式があるが、おそらくこの種の形式の唐草が日本に伝来し、平安時代に入って和風化したものが立涌模様であろう。有職(ゆうそく)模様として多く用いられたところから、格式高い模様とされている。村元雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の立涌の言及

【立涌文】より

…〈たちわく〉〈たちわき〉ともいう。東洋,西洋に古くからあるが,日本では間の空間に配した文様により雲立涌,梅立涌,波立涌,唐草立涌などと呼ぶ変化形がある。正倉院宝物には〈立涌花文暈繝風通(たてわくかもんうんげんふうつう)〉(奈良時代)がある。…

※「立涌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

立涌の関連キーワード切金(截金)立て涌き有職文様有職模様立涌文有職地紋祥瑞和裁五衣礼装

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android