コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竦む スクム

デジタル大辞泉の解説

すく・む【×竦む】

[動マ五(四)]
驚きや恐れ、極度の緊張などのためにからだがこわばって動かなくなる。「断崖絶壁の上に立って足が―・む」
からだが小さくなる。「恥ずかしさのあまり身が―・む」
態度がかたくなる。
「いと物遠く―・みたるさまには見え給はねど」〈椎本
紙・布などが、かたい感じになる。こわばる。
「唐の紙のいと―・みたるに」〈梅枝
[動マ下二]すくめる」の文語形

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すくむ【竦む】

( 動五[四] )
恐ろしさや緊張のあまり、体がこわばって動かなくなる。 「足が-・む」
体をちぢめて、小さくなる。 「恥ずかしさに身が-・む思い」
物がちぢんで固くなる。 「 - ・みたる衣どもおしやり、厚ごえたる着かさねて/紫式部日記」
窮屈にする。かたくなである。 「おとどの御おきて、あまり-・みて/源氏 藤裏葉
( 動下二 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

竦むの関連キーワード暮れる・昏れる・眩れる・暗れるおもな慣用句

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

竦むの関連情報