コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

端野 たんの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

端野
たんの

北海道北東部,北見市東部の旧町域。常呂川中流に位置する。 1961年町制施行。 2006年北見市,常呂町,留辺蘂町と合体して北見市となった。地名はアイヌ語のヌプウンケシ (野の端の意) に由来。北見盆地の北東部を占め,テンサイ,ジャガイモ,タマネギなどの栽培と畜産が行なわれる。稲作の北限。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

端野
たんの

北海道東部、網走(あばしり)支庁(現、オホーツク総合振興局)管内にあった旧町名(端野町(ちょう))。現在は北見市の東部を占める地域。旧端野町は1961年(昭和36)町制施行。名称はアイヌ語ヌッケシ(ヌプケシ、ヌプウンケシなどとも書かれ、「野の端」の意)の意訳。2006年(平成18)常呂(ところ)、留辺蕊(るべしべ)2町とともに北見市に合併。旧町域は北見盆地の北東部を占め、常呂川が北流する。JR石北本線、国道39号、333号が通じる。1897年(明治30)野付牛(のつけうし)と同時に屯田兵村が置かれ、100戸が入植して本格的開拓が始まった。北見地方としては水田率が高く、良質米を産するが、1970年代以降の減反政策により畑作や酪農が伸びた。[岡本次郎]
『『端野町史』(1965・端野町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

端野の関連キーワード北海道縦貫・横断自動車道北海道北見市北見(市)端野[町]岸壁の母支庁鎖塚

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

端野の関連情報