北見盆地(読み)きたみぼんち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北海道北東部,常呂川の中流域,北見市を中心に訓子府町にまたがる幅約 4km,長さ約 18kmの盆地常呂川は北見市で無加川と合流し,河川沿いに河岸段丘が発達。気候は内陸性で,年較差は 26℃に達する。水利と土壌に恵まれ,米作畑作酪農が盛ん。特にジャガイモ,テンサイ,インゲンマメアズキタマネギなどの畑作物の主産地として知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

北海道北東部,北見山地南部の東側中央に位置する盆地。石狩山地を発して北東方向に流れ,北見市で合流して北流する常呂(ところ)川と無加川が形成した浸食盆地である。盆地底には3~4段の河岸段丘があり,地味の肥えたすぐれた農業地域となっている。この地域の農業形態は〈北見農業〉とも呼ばれるが,稲作の限界地であり,畑作農業としてはテンサイ,ハッカなどの工芸作物と麦類,豆類など北海道でつくられるあらゆる作物が多角的に作付けされている点に特徴がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北海道北東部、網走(あばしり)地方にある盆地。石狩(いしかり)山地を発してオホーツク海に流入する常呂川(ところがわ)とその支流無加川(むかがわ)の合流点付近に広がり、中央に北見市街が位置する。常呂川と無加川の流域に広く分布する低位の段丘面と、なだらかな台地をなして常呂川両岸に分布する中位の段丘面は、地味が豊かで、夏季の高温にも恵まれて、良好な農業用地となっている。1920年代に水田化が進み、現在はタマネギ、水稲の作付けが多い。[岡本次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の北見盆地の言及

【常呂川】より

…北見・網走地方最大の河川である。中流の肥沃な沖積地の北見盆地は日本最東端の米作地帯である。河川の水は北見地方の上水道として,また食料品工業の用水として利用される。…

※「北見盆地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android