コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹本春太夫(5世) たけもとはるたゆう[ごせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竹本春太夫(5世)
たけもとはるたゆう[ごせい]

[生]文化5 (1808)
[没]1877
義太夫節の太夫。堺の鍛冶屋の出身。大坂に出て風呂屋の三助などをしながら 4世竹本氏太夫に学び,竹本さの太夫を名のる。天保5(1834)年に江戸に下って好評を博すが,同 13年に堺に戻り,4世竹本春太夫の養子となり,翌 14年堺新地芝居で 5世竹本春太夫を相続した。明治5(1872)年1月に文楽の芝居が大阪西区松島に移り,文楽座の看板をあげると紋下(櫓下)となり,天性の美音とおおどかな芸風で明治の人形浄瑠璃界に君臨した。最大の功績は,門下から竹本摂津大掾,3世竹本大隅太夫という近代を代表する二人の太夫が輩出したところにある。(→浄瑠璃

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

竹本春太夫(5世)の関連キーワード吉田玉造

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android