コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹沢弥七(7代) たけざわ やしち

2件 の用語解説(竹沢弥七(7代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹沢弥七(7代) たけざわ-やしち

1831-1876 幕末-明治時代の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
天保(てんぽう)2年8月14日生まれ。6代弥七の門人。明治2年大阪の堀江芝居で大三味線をひいて評判となる。7年浅草で方2尺の胴の大三味線をひいた。明治9年9月18日死去。46歳。紀伊(きい)出身。初名は滝造。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

竹沢弥七(7代)

没年:明治9.9.18(1876)
生年:天保2(1831)
義太夫節三味線弾き。紀州(和歌山県)出身。6代目弥七の門弟。前名滝造。明治2(1869)年に大阪・堀江芝居で大三味線を弾き大当たりを取った。追随者が続出し曲弾きが流行したため大阪浄瑠璃界の因講を除名されたが復帰し,7年上京したときに,またもや方二尺(約60cm)の胴の大三味線を弾き評判となった。なお弥七の初代は初代竹沢藤四郎の門弟が18世紀前半に名乗っている。また10代目は昭和期の重要無形文化財保持者。<参考文献>『義太夫年表/明治篇』

(鎌倉惠子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竹沢弥七(7代)の関連キーワード義太夫節義太夫三味線竹沢権右衛門(初代)竹本小清鶴沢才治鶴沢清七(初代)鶴沢友次郎(初代)鶴沢友次郎(2代)野沢勘蔵野沢喜八郎(初代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone