コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筋かい(違) すじかい

百科事典マイペディアの解説

筋かい(違)【すじかい】

木構造や鉄骨構造で四辺形に組まれた主要材の対角線の方向に入れた部材をいう。一般には地震や風等の水平力による軸組の変形を防ぐために用いられ,圧縮力を負担する場合は太筋かいを,引張力を負担する場合は細筋かいや鉄筋筋かい,鉄骨筋かいを用いることが多い。
→関連項目真壁

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

筋かい(違)の関連キーワード建築基準法