コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筋萎縮症 キンイシュクショウ

百科事典マイペディアの解説

筋萎縮症【きんいしゅくしょう】

全身ことに手足筋肉が萎縮する病気で,1974年厚生省は難病に指定。脊髄の変性によるものと,脊髄の疾患でないものに分けられ,ともに原因は遺伝性のことが多い。有効な治療法はない。
→関連項目筋萎縮性側索硬化症重症筋無力症多発性筋炎脳溢血

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

きんいしゅくしょう【筋萎縮症】

筋肉が徐々に萎縮する疾患の総称。神経の病変によるものと特定の筋肉の病変によるものとがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

筋萎縮症
きんいしゅくしょう

筋組織が萎縮する疾患。筋肉の容積が減じ、通常その形状も変わってくる。萎縮した筋肉は触れると柔らかく、力を入れても固くならない。筋力の低下や体がやせてきたことを訴え、自分で筋肉の萎縮に気づかない場合が多い。筋萎縮は次の3種に大別される。
(1)神経原性筋萎縮 筋萎縮性側索硬化症にみられるような脊髄(せきずい)前角細胞や脳幹部運動神経核の障害によっておこる筋萎縮や、末梢(まっしょう)神経性進行性筋萎縮症をはじめ、多発神経炎や末梢神経損傷などにみられる末梢神経障害による筋萎縮が含まれる。
(2)筋原性筋萎縮 筋障害(ミオパシー)ともいい、進行性筋ジストロフィーや多発筋炎などのように筋肉自体が障害されておこる筋萎縮である。
(3)不働性筋萎縮 病気で長期間臥床(がしょう)したまま筋肉を使わない状態が続いたときなどにみられる筋萎縮である。[海老原進一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

筋萎縮症の関連キーワード筋萎縮性側索硬化症(ALS/アミトロ)変形性頸椎症(頸部変形性脊椎症)運動ニューロン疾患と類似の病気シャルコー=マリー=トゥース病ウェルドニッヒ・ホフマン病ウエルドニヒホフマン病脊髄性進行性筋萎縮症乳児脊髄性筋萎縮症運動ニューロン疾患ジェリー ルイス進行性筋萎縮症脊髄性筋萎縮症クリュベイエ出生前診断ホルモン剤シャルコー神経筋疾患ビタミンEミオパシー着床前診断

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

筋萎縮症の関連情報