コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多発性筋炎 たはつせいきんえんpolymyositis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多発性筋炎
たはつせいきんえん
polymyositis

骨格筋,ときに皮膚が急性,亜急性,または慢性の経過をとって侵される非特異的炎症疾患をいう。筋肉の炎症を主徴とするリウマチ性疾患の一種。原因は不明であるが,自己免疫またはウイルス感染が考えられている。症状としては,筋肉の萎縮と筋力低下,皮膚紅斑,レイノー現象,発熱,関節炎などが生じる。急性および亜急性のものに対しては副腎皮質ステロイドで治療する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

多発性筋炎【たはつせいきんえん】

主として四肢の躯幹(くかん)に近い筋肉の筋力低下や萎縮(いしゅく)を生ずる疾患。高熱・頭痛・嘔吐(おうと)とともに上肢筋などに牽引(けんいん)痛・圧痛を生じ,皮膚は腫脹(しゅちよう)・硬化し,麻疹疱疹(ほうしん),紅斑などを呈し,皮膚筋炎とも呼ばれ,膠原(こうげん)病の一種とされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たはつせいきんえん【多発性筋炎 polymyositis】

骨格筋の炎症性変化を主体とする筋疾患。他の疾患に伴わず症状が骨格筋に限られているものを狭義の多発性筋炎といい,著しい皮膚症状を伴うものは皮膚筋炎という。また全身性エリテマトーデス慢性関節リウマチ結合組織の病変によって,皮膚の硬化をきたす強皮症などの膠原病(こうげんびよう)やサルコイドーシスシェーグレン症候群などに伴うものもある。原因は不明であるが,自己免疫的機序やウイルス感染などの可能性が考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の多発性筋炎の言及

【運動麻痺】より

…このような痙性四肢麻痺はまた大脳の広範な病変によっても生ずるが,そのような場合には,単に運動麻痺のみでなく,知能や意識の障害,視覚・聴覚の障害,痙攣(けいれん)発作などを伴うのが普通である。多発性筋炎進行性筋ジストロフィー症のような全身を侵す筋肉疾患,ギラン=バレー症候群のような多発性根神経炎,運動ニューロン疾患などでは,弛緩性の四肢麻痺を呈することが多い。これらの疾患,とくに後2者においては,顔面筋やその他の脳神経系の運動麻痺をきたすことも少なくない。…

【皮膚筋炎】より

…多発性筋炎のうち,著しい皮膚症状の伴うものをいう。顔とくに目の周囲や髪の生え際,手指,ひじ,ひざなどに淡紫色の特有の紅斑が現れるのが特徴で,浮腫や筋力低下などの筋肉症状を伴う。…

※「多発性筋炎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

多発性筋炎の関連情報