コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釈迦ヶ岳 しゃかがたけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

釈迦ヶ岳
しゃかがたけ

滋賀・三重県境にある鈴鹿山脈中部の山。標高 1092m。全山花崗岩から成り西側は緩傾斜東側急傾斜をなし,頂上にわずかな平坦面がある。鈴鹿国定公園に属する。

釈迦ヶ岳
しゃかがたけ

奈良県南部,大峰山脈南部の山。標高 1800m。十津川村下北山村村境にあり,山上ヶ岳からの大峰修験道の奥駈 (おくがけ) 縦走コースの要地。山頂に鋳造釈迦仏,南東斜面に前鬼宿坊があり,吉野熊野国立公園に属する。

釈迦ヶ岳
しゃかがたけ

福岡県南部,八女市大分県西部,日田市との境にある津江山地主峰。標高 1231m。福岡県の最高峰は御前岳(1209m)で,三角点は日田市に属する。安山岩質の溶岩台地が開析されて形成されたもの。山頂のツクシシャクナゲの大群落は有名。山腹にはスギの造林が広がり,木材の産出が多い。福岡県側は矢部川県立自然公園,大分県側は津江山系県立自然公園に属する。

釈迦ヶ岳
しゃかがたけ

福岡県東部,筑紫山地の東部,添田町東峰村の境界にある山。標高 844m。新第三紀噴出の耶馬渓溶岩台地が開析されて形成された峰で,奇岩に富む。耶馬日田英彦山国定公園に属する。遠賀川流域と筑後川中流域を結ぶ交通路上にあり,JR日田彦山線の釈迦ヶ岳トンネル (4378m) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゃかがたけ【釈迦ヶ岳】

奈良県南部,吉野郡下北山村と十津川(とつかわ)村の境界にある山。大峰山の一峰で,標高1800m。大峰山は修験道の修行の場として知られ,山上ヶ岳から弥山(みせん),八剣山(仏経ヶ岳),釈迦ヶ岳を経て前鬼(ぜんき)まで縦走する修行は,大峰奥駆けとよばれる難行である。釈迦ヶ岳は大峰七十五靡(なびき)の40番の宿にあたり,山頂には釈迦如来像が安置されている。吉野熊野国立公園に属し,山岳の景色が雄大であり,山頂近くにはブナを中心にシラベコメツガトウヒなどの原始林がみられる。

しゃかがたけ【釈迦ヶ岳】

福岡県中東部,田川郡添田町と朝倉郡宝珠山(ほうしゆやま)村との境にある山。標高844m。英彦山(ひこさん)火山群に属し,新第三紀後期ないし第四紀前期の火山岩(日向神(ひゆうがみ)溶岩)からなる台地が開析されたメーサで,頂部は平らだが山腹は深い谷で刻まれ,下部をJR日田彦山線の釈迦ヶ岳トンネル(4379m)が南北に貫いている。耶馬(やば)日田英彦山国定公園に含まれ,山腹は杉の植林が美しい。【土井 仙吉】

しゃかがたけ【釈迦ヶ岳】

大分県北西部と福岡県南部の県境に位置する山。頂上部は大分県側にあり,標高1231m。地質は第三紀末から第四紀の初期に噴出した各種安山岩からなる。標高約1000mより上は比較的急な斜面となっており,北側斜面には多数の谷が発達しているが,全体的にはなだらかな地形であり,標高600mあたりからの谷底平野には水田がひらけている。また東側のなだらかな斜面の一部は牧場として利用されている。【赤木 祥彦】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔奈良県〕釈迦ヶ岳(しゃかがだけ)


奈良県南部を南北に走る大峰(おおみね)山脈の高峰。標高1800m。大峰山の修験(しゅげん)道霊場の一つ。山頂に青銅の釈迦像が置かれる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android