コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

築く キズク

デジタル大辞泉の解説

き‐ず・く〔‐づく〕【築く】

[動カ五(四)]《「城(き)築(つ)く」の意》
土石などを積み上げてつくる。「堤防を―・く」
体制・地位・財産などをしっかりとつくる。「政界に確固たる地位を―・く」「巨万の富を―・く」
[可能]きずける
[補説]本来は、土や石などを積み重ね、固めてつくるの「(き)(つ)く」で、この「杵」が後に「城(き)」と意識されてできた語か。

つ・く【築く】

[動カ五(四)]《「突く」と同語源》土や石を積みあげてつきかためる。きずく。
「公儀にても品川の海に台場を―・き」〈露伴・寝耳鉄砲〉
「御諸(みもろ)に―・くや玉垣斎(つ)き余し」〈・下・歌謡〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きずく【築く】

( 動五[四] )
〔「城く」の意。古くは「きつく」とも〕
土や石をつき固めてつくる。 「堤防を-・く」 「松のひまびま墓を-・く/松島賦」
城や砦とりでをつくる。 「城を-・く」
基礎を固めて、しっかりしたものにする。努力してつくりあげる。 「伝統を-・く」 「財産を-・く」
[可能] きずける

つく【築く】

( 動四 )
〔「突く」と同源〕
土や石をつきかためて積み上げる。築造する。きずく。 「御諸みもろに-・くや玉垣/古事記

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

築くの関連キーワードヨゼフ ドブロフスキー医師に感謝する日ヤコブ メッケル国民安全の日御竈を起こす竈を起こす八百丹よし築き上げる未来志向空中楼閣柴田桂太橋頭堡百敷の防砂堤裸一貫天守台導流堤城構え防波堤防潮堤

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

築くの関連情報