コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

築く キズク

デジタル大辞泉の解説

き‐ず・く〔‐づく〕【築く】

[動カ五(四)]《「城(き)築(つ)く」の意》
土石などを積み上げてつくる。「堤防を―・く」
体制・地位・財産などをしっかりとつくる。「政界に確固たる地位を―・く」「巨万の富を―・く」
[可能]きずける
[補説]本来は、土や石などを積み重ね、固めてつくる意の「杵(き)築(つ)く」で、この「杵」が後に「城(き)」と意識されてできた語か。

つ・く【築く】

[動カ五(四)]《「突く」と同語源》土や石を積みあげてつきかためる。きずく。
「公儀にても品川の海に台場を―・き」〈露伴・寝耳鉄砲〉
「御諸(みもろ)に―・くや玉垣斎(つ)き余し」〈・下・歌謡〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きずく【築く】

( 動五[四] )
〔「城く」の意。古くは「きつく」とも〕
土や石をつき固めてつくる。 「堤防を-・く」 「松のひまびま墓を-・く/松島賦」
城や砦とりでをつくる。 「城を-・く」
基礎を固めて、しっかりしたものにする。努力してつくりあげる。 「伝統を-・く」 「財産を-・く」
[可能] きずける

つく【築く】

( 動四 )
〔「突く」と同源〕
土や石をつきかためて積み上げる。築造する。きずく。 「御諸みもろに-・くや玉垣/古事記

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

築くの関連情報