コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拵える コサエル

4件 の用語解説(拵えるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こさ・える〔こさへる〕【×拵える】

[動ア下一]《「こしらえる」の音変化》「こしらえる」の俗な言い方。
「家で―・えた柏餅を提げて」〈嘉村・途上〉

こしら・える〔こしらへる〕【×拵える】

[動ア下一][文]こしら・ふ[ハ下二]
ある材料を用いて、形の整ったものやある機能をもったものを作り上げる。また、結果として不本意なものを作ってしまう。「弁当を―・える」「藤棚を―・える」「家を―・える」「こぶを―・える」
手を加えて、美しく見せるようにする。化粧したり衣装を整えたりして飾る。「顔を―・える」「身なりを―・える」
工夫を巡らし、ないことをあるかのように見せかける。「話を―・える」「うわべを―・える」
手を尽くして、必要なものを整える。用意する。「頭金を―・える」
友人・愛人などを作る。「女を―・える」
なだめる。とりなす。
「―・へ聞こゆるをも、つらしとのみおぼされたれば」〈・夕霧〉
計画する。
「かねて―・へたることなれば、走りまはりて火をかけたり」〈義経記・八〉
作る[用法]

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こさえる【拵える】

( 動下一 )
〔「こしらえる」の転〕
「こしらえる」のくだけた言い方。 「団子を-・える」

こしらえる【拵える】

( 動下一 ) [文] ハ下二 こしら・ふ
物を作り上げる。製作する。 「夕飯を-・える」 「自分で洋服を-・える」 「条文の草案を-・える」 「竹を編んでかごを-・える」 「財産を-・える」 「多額の借金を-・える」
ある目的のために金などを用意する。調達する。 「家を売って資金を-・える」
身なりや顔をととのえる。装う。化粧する。また、扮装する。 「楽屋で顔を-・える」 「気は進まぬながらも薄く-・へて/魔風恋風 天外
物を食べて腹を満たす。腹ごしらえをする。 「安料理屋で腹を-・へ/ふらんす物語 荷風
相手をだますために、もっともらしい話や理由を作り上げる。 「うまい話を-・えて金を出させる」 「後家へ目を附けて、事情甚だ憐む可しなど旨く道理を-・へるぞと/鉄仮面 涙香
友人・愛人などをつくる。 「愛人を-・える」
構えを作る。構築する。建設する。 「平家は舟を二三重に-・へたり/平家 六本・延慶本」 「外の塀をば切て落とす様に-・へたりければ/太平記 3
手だてを設けて相手を誘う。 「 - ・へてかりのやどりに休めずは誠の道をいかでしらまし/後拾遺 雑六
あれこれ、言葉をかけて機嫌をとる。なだめすかす。 「よろづに-・へ聞え給へど、…、露の御答いらへもし給はず/源氏

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

拵えるの関連キーワード言い拵える着替える浚える復習える為終える設える供える出迎える称える為違える

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

拵えるの関連情報