拵える(読み)コサエル

デジタル大辞泉の解説

こさ・える〔こさへる〕【×拵える】

[動ア下一]《「こしらえる」の音変化》「こしらえる」の俗な言い方。
「家で―・えた柏餅を提げて」〈嘉村・途上〉

こしら・える〔こしらへる〕【×拵える】

[動ア下一][文]こしら・ふ[ハ下二]
ある材料を用いて、形の整ったものやある機能をもったものを作り上げる。また、結果として不本意なものを作ってしまう。「弁当を―・える」「藤棚を―・える」「家を―・える」「こぶを―・える」
手を加えて、美しく見せるようにする。化粧したり衣装を整えたりして飾る。「顔を―・える」「身なりを―・える」
工夫を巡らし、ないことをあるかのように見せかける。「話を―・える」「うわべを―・える」
手を尽くして、必要なものを整える。用意する。「頭金を―・える」
友人・愛人などを作る。「女を―・える」
なだめる。とりなす。
「―・へ聞こゆるをも、つらしとのみおぼされたれば」〈夕霧
計画する。
「かねて―・へたることなれば、走りまはりて火をかけたり」〈義経記・八〉
作る用法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる