コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

突く/衝く/撞く ツク

デジタル大辞泉の解説

つ・く【突く/衝く/×撞く】

[動カ五(四)]
とがった物で一つ所を勢いよく刺したり、強く当てたりする。「槍で―・く」
棒状のもので強く押す。「判を―・く」「ところてんを―・く」
棒などの先を打ち当てて鳴らす。「鐘を―・く」
細長い物の先を押し立てて、支えにする。また、つっかえ棒をする。地面や床などに強く当てる。「つえを―・く」「ひざを―・く」
打ち当ててはずませる。「まりを―・く」
弱い所、予想しない所、急所などを選んで鋭く指摘したり攻めたりする。「不意を―・く」「核心を―・く」
嗅覚などの感覚や心を強く刺激する。「鼻を―・く臭気」「胸を―・く哀話」
障害や悪条件を問題にしないで何かをする。「風雨を―・いて進む」
強い勢いで何かに当たる。また、限界に達する。「雲を―・くような大男」「食糧が底を―・く」
10 将棋で、盤上にある歩(ふ)を前に一つ進める。
刺(さ)す[用法]
[可能]つける
[下接句]家に杖(つえ)つく意気天を衝(つ)く痛い所を衝く意表をつく兎(う)の毛で突いたほど木戸を突く虚を衝く雲を衝く言言肺腑(はいふ)を衝く篠(しの)を突く角水(すみず)を突く底を突く盾を突く杖(つえ)に突く手を突く天を衝く・時を撞(つ)く・怒髪天を衝くと胸を衝く額(ぬか)を突く鼻を突く胸を突く

つつ・く【突く】

[動カ五(四)]
何度も軽く突く。こつこつと小刻みに突く。また、そのようにして合図や注意をする。「棒で草むらを―・く」「アカゲラが幹を―・く」「ひじで―・いて注意する」

㋐なべ料理などを、繰り返しはしで挟んでは取って食べる。「寄せなべを―・く」
㋑鳥などが、口ばしで何度も突くようにして食べる。「モズがカキを―・く」
欠点などを、ことさら取り上げて問題にする。とがめる。ほじくる。「―・かれないように言葉に気をつける」
そそのかす。けしかける。「誰かが陰で―・いているにちがいない」
調べる。検討する。「いろいろの角度から問題を―・いてみる」
[可能]つつける

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つつく【突く】

( 動五[四] )
〔「たたく」と同源か〕
指先や棒で小刻みに何度も突く。 「赤ん坊のほっぺを-・く」 「穴ヲ-・ク/ヘボン」
注意や合図のために軽く突く。 「ひじで-・かれた」
はしやくちばしで突くようにして食べる。 「すき焼きを-・く」 「小鳥が木の実を-・く」
弱みや欠点をことさら責め立てる。 「あまり細かいことを-・くのはよせ」
ある行動をとるように人に働きかける。 「委員を-・いて提案させる」
[可能] つつける
[慣用] はちの巣をつついたよう

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

突く/衝く/撞くの関連キーワードスピアフィッシング突き合う・突合う寄り道具・寄道具タップ (UI)頭突き・頭突ストスケッペ手を支える底を入れるボトミング意表に出る肯綮に中る心恋ほしどう突く滅多突き如何なと送り倒し羽根突き送り出し篠を突く諸手突き

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android