突く(読み)ツク

デジタル大辞泉「突く」の解説

つ・く【突く/衝く/×撞く】

[動カ五(四)]
とがった物で一つ所を勢いよく刺したり、強く当てたりする。「で―・く」
棒状のもので強く押す。「判を―・く」「ところてんを―・く」
棒などの先を打ち当てて鳴らす。「鐘を―・く」
細長い物の先を押し立てて、支えにする。また、つっかえ棒をする。地面や床などに強く当てる。「つえを―・く」「ひざを―・く」
打ち当ててはずませる。「まりを―・く」
弱い所、予想しない所、急所などを選んで鋭く指摘したり攻めたりする。「不意を―・く」「核心を―・く」
嗅覚などの感覚や心を強く刺激する。「鼻を―・く臭気」「胸を―・く哀話」
障害や悪条件を問題にしないで何かをする。「風雨を―・いて進む」
強い勢いで何かに当たる。また、限界に達する。「雲を―・くような大男」「食糧が底を―・く」
10 将棋で、盤上にあるを前に一つ進める。
[用法]
[可能]つける
[下接句]家につえつく意気天を痛い所を衝く意表をつくの毛で突いたほど木戸を突く虚を衝く雲を衝く言言肺腑はいふを衝くしのを突く角水すみずを突く底を突く盾を突くつえに突く手を突く天を衝く・時をく・怒髪天を衝くと胸を衝くぬかを突く鼻を突く胸を突く
[類語]刺すつつ突っつく小突く小突き回す突き倒す突っかかる突き飛ばす突き破る

つつ・く【突く】

[動カ五(四)]
何度も軽く突く。こつこつと小刻みに突く。また、そのようにして合図や注意をする。「棒で草むらを―・く」「アカゲラが幹を―・く」「ひじで―・いて注意する」

㋐なべ料理などを、繰り返しはしで挟んでは取って食べる。「寄せなべを―・く」
㋑鳥などが、くちばしで何度も突くようにして食べる。「モズカキを―・く」
欠点などを、ことさら取り上げて問題にする。とがめる。ほじくる。「―・かれないように言葉に気をつける」
そそのかす。けしかける。「誰かが陰で―・いているにちがいない」
調べる。検討する。「いろいろの角度から問題を―・いてみる」
[可能]つつける
[類語](1刺す突く突っつく小突く小突き回す突き倒す突っかかる突き飛ばす突き破る/(2食べる食らう食う頂く召し上がる食する味わう啄む

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android