作る/造る/創る(読み)ツクル

デジタル大辞泉の解説

つく・る【作る/造る/創る】

[動ラ五(四)]ある力を働かせて、新しい物事・状態を生みだす。まとまった形のあるものにする。
材料・原料・素材などを用いたり、それに手を加えたりして、まとまりのあるものや意味のあるものに仕上げる。建物・器具・物質・芸術作品などを製造・製作する。「船を―・る」「米から酒を―・る」「草稿を―・る」

㋐農作物などを、世話したり力を注いだりして、育てあげる。「野菜を―・る」「健全な人物を―・る」
㋑土地を耕す。「田を―・る」
「細道一つ残して皆畑に―・り給へ」〈徒然・二二四〉
いままで存在しなかったものを新しく生じさせる。「子供を―・る」「地方に支店を―・る」
意図的に工夫して、形・状態を現出する。わざとそのようなようすをする。「口実を―・る」
「庭を秋の野に―・りて」〈古今・秋上・詞書〉
(「時をつくる」の形で)雄鶏(おんどり)が、ある時刻に声高に勇ましく鳴く。「早朝に鶏が時を―・る」
囲碁で、双方の地(じ)を数えやすくするために盤面を整理する。「終局して碁を―・る」
罪や功徳のもととなることをする。
「いかなる罪を―・り侍りて」〈かげろふ・下〉
[補説]一般的には「作る」が用いられ、「造る」は家や船など大きなものをつくること、また、酒を仕込むことに用いられる。「創る」は創刊・創業・創作・創造・創立などのように、新しい物事をつくりだす意で使うが、製造・製作・育成・栽培などに関しては使わない。
[可能]つくれる
[用法]つくる・こしらえる――「料理を作る(こしらえる)」「一財産作る(こしらえる)」など、新しい物にまとめあげる意では相通じて用いられる。◇「詩を作る」「米を作る」を「こしらえる」とは言わない。創造性とか自然の力が加わって初めて完成するような物については、「こしらえる」はふさわしくない。◇「今や、日本で造られた自動車が世界中を走っている」のように、総体的な生産を示す場合も「造る」が普通。「これが、この工場でこしらえた自動車です」のような具体的な製造物については、「こしらえる」と言うこともできる。◇「逃げ言葉をこしらえる」「女をこしらえる」などでは「こしらえる」が優勢。
[下接句]色を作る貝を作る垣(かき)を作る香箱を作る極楽願うより地獄作るな詩を作るより田を作れ科(しな)を作る鼈(すっぽん)が時をつくる天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず時をつくる鬨(とき)をつくる述べて作らず・鳩(はと)を憎み豆を作らぬ・雌鳥(めんどり)勧めて雄鳥(おんどり)時をつくる俑(よう)を作る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android