コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仕立てる シタテル

2件 の用語解説(仕立てるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

し‐た・てる【仕立てる】

[動タ下一][文]した・つ[タ下二]
布地を裁って衣服に縫い上げる。「ドレスを―・てる」
教え込んで一人前にする。仕込む。養成する。「一人前の職人に―・てる」
そうでないものを、それらしく作り上げる。「悪人に―・てる」
ある出来事を、芝居などの作品に作り上げる。「殺人事件をドラマに―・てる」
ある目的・用途のために特別に乗り物などを用意する。「臨時列車を―・てる」「釣り舟を―・てる」
目的に合った状態に作り上げる。飾りたてる。
「車きよげに―・てて見にゆく」〈・三〉
病気を治す。
「危なき病人を十のもの七つばかりも―・て」〈浮・永代蔵・六〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

したてる【仕立てる】

( 動下一 ) [文] タ下二 した・つ
作り上げる。特に、衣服を作る。他に依頼して作らせることにもいう。 「背広を-・てる」 「新に-・てし己が衣類/高橋阿伝夜叉譚 魯文
技術などを身につけさせる。仕込む。養成する。 「大工に-・てる」
特別に用意する。特に、乗り物などを特別の用にあてるため、用意する。 「使者を-・てる」 「馬車を-・てる/社会百面相 魯庵
もともとは違うものをそれらしく見えるようにする。 「替え玉を-・てる」
よそおう。飾りたてる。 「つくろひ化粧じ、劣らじと-・てたる/紫式部日記」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

仕立てるの関連情報