仕立てる(読み)シタテル

デジタル大辞泉 「仕立てる」の意味・読み・例文・類語

し‐た・てる【仕立てる】

[動タ下一][文]した・つ[タ下二]
布地を裁って衣服に縫い上げる。「ドレスを―・てる」
教え込んで一人前にする。仕込む。養成する。「一人前の職人に―・てる」
そうでないものを、それらしく作り上げる。「悪人に―・てる」
ある出来事を、芝居などの作品に作り上げる。「殺人事件をドラマに―・てる」
ある目的用途のために特別に乗り物などを用意する。「臨時列車を―・てる」「釣り舟を―・てる」
目的に合った状態に作り上げる。飾りたてる。
「車きよげに―・てて見にゆく」〈・三〉
病気を治す。
「危なき病人を十のもの七つばかりも―・て」〈浮・永代蔵・六〉
[類語]作る拵える築く形作る作り出す作り上げる仕立て上げる誂える

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android