コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青山杉作 あおやますぎさく

7件 の用語解説(青山杉作の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青山杉作
あおやますぎさく

[生]1889.7.22. 新潟
[没]1956.12.26. 東京
演出家,俳優。早稲田大学英文科中退。在学中より小劇場運動に参加,村田実らと,とりで社,踏路社を興す。 1924年,築地小劇場の創立とともに参加,初め俳優であったが,のち小山内薫土方与志とともに主として演出を担当。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あおやま‐すぎさく〔あをやま‐〕【青山杉作】

[1889~1956]演出家・俳優。新潟の生まれ。築地小劇場松竹少女歌劇団で活躍し、千田是也らと俳優座を結成した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

青山杉作【あおやますぎさく】

新劇の演出家,俳優。本名達美。新潟に生まれ,早大中退。1917年村田実らと踏路社(とうろしゃ)を創立,1924年築地小劇場に同人として加わり,小山内薫土方与志とともに演出者として力を尽くした。
→関連項目千田是也

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青山杉作 あおやま-すぎさく

1889-1956 大正-昭和時代の俳優,演出家。
明治22年7月22日生まれ。大正13年築地小劇場にはいり俳優,演出家として活躍,東山千栄子らを指導した。のち松竹少女歌劇団で水の江滝子をそだて,昭和19年千田是也(これや)らと俳優座を結成した。昭和31年12月26日死去。67歳。新潟県出身。早大中退。本名は達美。筆名は元野伊作。演出の代表作に「女の平和」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

あおやますぎさく【青山杉作】

1889‐1956(明治22‐昭和31)
俳優,演出家。本名達美,新潟県生れ。早大英文科中退後,1916年劇団踏路社を結成,イプセン《幽霊》の牧師で名を挙げ,24年築地小劇場同人となり,演技陣の中心となるほか,《令嬢ジュリー》《大寺学校》などを演出,同劇場の解体後,松竹やNHKで俳優指導にあたり,44年俳優座創立に参加,《フィガロの結婚》《女の平和》などの名演出をする一方で俳優養成に尽力した。【野村 喬

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あおやますぎさく【青山杉作】

1889~1956) 演出家・俳優。新潟県生まれ。早大中退。大正初年以来、築地小劇場や松竹少女歌劇団で活躍し、千田是也せんだこれやとともに俳優座を結成。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青山杉作
あおやますぎさく
(1889―1956)

演出家、俳優。新潟県北蒲原(きたかんばら)郡の真宗大谷派紫雲(しうん)寺(現、新発田(しばた)市)に生まれる。本名達美(たつみ)。1909年(明治42)早稲田(わせだ)大学哲学科入学、のち英文科に移り、中退。早大時代に当時の新演劇に出演、1917年(大正6)に村田実らと「踏路(とうろ)社」を結成し自然主義演劇活動をおこす。また映画芸術協会に参加、日本映画草創期の監督、製作、出演もする。1924年築地(つきじ)小劇場創立に参加、実質的演技指導者となり、東山千栄子らを育てる。解散後は松竹少女歌劇団の養成指導などにあたった。1944年(昭和19)に千田是也(これや)らと俳優座を結成。演出、演技、後進の指導のほか、オペラ演出にも貢献した。演出、演技のリズムを重視し、近代写実演劇の伝統づくりに多大な功績を残した。[石澤秀二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の青山杉作の言及

【新劇】より

…その意味では翻訳劇上演一辺倒とはやや異なるものの,全体としてみれば,29年3月の小山内追悼公演《夜の宿》で活動を終わる築地小劇場上演全117演目中では,27演目が日本の創作劇で,それにシェークスピア劇が4演目,残りの86演目すべては欧米近代戯曲で占められていた。なかでも中心はロシア,ドイツ,イギリスの近代戯曲で,ドイツ表現派劇など当時の前衛劇は土方与志が演出を担当,チェーホフ劇などは小山内が演出を担当し,いわゆる演技指導は青山杉作が中心となって行っていた。ここでは全体的には土方の前衛志向よりも,小山内のモスクワ芸術座を手本とする近代写実演技様式の日本的な移植・形成が行われたということができるだろう。…

※「青山杉作」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

青山杉作の関連キーワード市島春城粛粲宝オフロープコフ演出家北海道網走郡津別町達美新潟県新潟市西区木場新潟県新潟市中央区鐘木新潟県新潟市西区山田生田萬(2)川村花菱

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone