コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粗樫 アラカシ

デジタル大辞泉の解説

あら‐かし【粗×樫】

ブナ科の常緑高木。本州中部以南の山地自生樹皮は緑がかった灰色。葉は堅く、楕円形で先半分の縁にぎざぎざがある。春、尾状の雄花と上向きの雌花とをつける。実はどんぐり。材は家具や木炭にする。くまかし。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あらかし【粗樫】

ブナ科の常緑高木。本州中部以西に多い。高さ約20メートルになる。葉は楕円形で硬く、裏面は灰白色。四月頃雄花と雌花が同株につき、堅果(どんぐり)は晩秋に熟す。材はかたく、細工物や建築材などに適する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

粗樫 (アラカシ)

学名:Quercus glauca
植物。ブナ科の常緑高木,園芸植物

粗樫 (アラガシ)

植物。ブナ科ナラ属の常緑高木の一部の総称。カシの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

粗樫の関連キーワードカシ(樫)細工物灰白色晩秋堅果裏面

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android