コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粟津湖底遺跡 あわづこていいせき

1件 の用語解説(粟津湖底遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

粟津湖底遺跡
あわづこていいせき

滋賀県大津市,琵琶湖の南端,瀬田川への出口近くにある縄文時代中期を主にする湖底遺跡。 1990年,琵琶湖総合開発事業の工事に伴う事前調査として調査が行われた。シジミを主とする貝層と良好な遺存状態にあった植物層が交互に堆積するという,これまでに調査されたどの遺跡にもみられない状況が出現した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

粟津湖底遺跡の関連キーワード滋賀県大津市稲葉台滋賀県大津市打出浜滋賀県大津市黒津滋賀県大津市瀬田滋賀県大津市瀬田大江町滋賀県大津市瀬田月輪町滋賀県大津市瀬田橋本町滋賀県大津市瀬田南大萱町滋賀県大津市藤尾奥町滋賀県大津市三井寺町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

粟津湖底遺跡の関連情報