コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粟谷菊生 あわやきくお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

粟谷菊生
あわやきくお

[生]1922.10.31. 東京
[没]2006.10.11. 東京,港
喜多流シテ方の楽師。粟谷益二郎の二男。父益二郎,14世喜多六平太喜多実友枝喜久夫に師事。1925年『鞍馬天狗』の花見で初舞台。1928年『猩々』で初シテ。1953年『道成寺』,1991年『卒都婆小町』,1994年『伯母捨(姨捨)』を初演。1996年重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。2000年日本芸術院賞。2003年日本芸術院会員に就任。粟谷能の会を主宰。長男に粟谷明生,兄に粟谷新太郎,弟に粟谷辰三,粟谷幸雄がいる。著書に『粟谷菊生能語り』(2007,明生と共著)がある。(→

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

粟谷菊生 あわや-きくお

1922-2006 昭和-平成時代の能楽師シテ方。
大正11年10月31日生まれ。粟谷益二郎の次男。喜多流。父の手ほどきをうけ,6歳で初舞台。喜多流14代喜多六平太(きた-ろっぺいた),友枝喜久夫らにも師事する。芸風は鋭さと重厚さをあわせもつ。平成8年人間国宝。12年芸術院賞。15年芸術院会員。兄の新太郎,弟の辰三,幸雄も能楽師。平成18年10月11日死去。83歳。東京出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

粟谷菊生の関連キーワード[各個指定]芸能部門粟谷 益二郎粟谷 新太郎粟谷 菊生

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android