コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀和 きわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紀和
きわ

三重県南部,熊野市南西部の旧町域。熊野川の支流北山川左岸に位置する。 1955年上川村,入鹿村,西山村の3村が合体町制。 2005年熊野市と合体。中心地区の板屋は江戸時代から知られた硫化鉱,銅鉱,鉛鉱の鉱山町であったが,1978年に閉山,人口が激減した。大部分が山地で,紀州材を産し,畜産業が行なわれる。赤木城跡および田平子峠刑場跡 (国指定史跡) があるほか,北山川には瀞峡,北山峡の景勝地があり,観光に力を入れている。瀞峡付近一帯は吉野熊野国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紀和
きわ

三重県最南端近く、南牟婁(みなみむろ)郡にあった旧町名(紀和町(ちょう))。現在は熊野市の西部を占める地域。旧紀和町は、1955年(昭和30)入鹿(いるか)、西山(にしやま)、上川(かみかわ)の3村が合併して町制施行。町名は紀南三村の和を願って名づけられた。2005年(平成17)熊野市に合併。国道311号が通じる。西は熊野川を隔てて和歌山県に、北は北山川によって奈良県と境し、さらに東は大台ヶ原山系の支脈が延び、他地域とは隔絶された山村である。集落はわずかな平地に散在し、農業は米作が中心で、木材やシイタケを産する。丸山地区の棚田は「千枚田」とよばれ、刈り入れのシーズンには美しい景観をみせる。地域の中心である板屋(いたや)地区は、良質の銅鉱、硫化鉄鉱を産する紀州鉱山で知られ、1940年(昭和15)には従業員2700人を数えたが、1978年に閉山した。熊野川・北山川流域は吉野熊野国立公園の一部で、瀞八丁(どろはっちょう)は特別名勝、天然記念物に指定されている。[伊藤達雄]
『『紀和町史』全3巻(1991~1994・紀和町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

紀和の関連キーワード赤木城跡及び田平子峠刑場跡三重県南牟婁郡御浜町川瀬三重県熊野市紀和町矢ノ川三重県熊野市紀和町楊枝川三重県熊野市紀和町板屋熊野市紀和鉱山資料館三重県北牟婁郡紀北町青島(愛媛県)三重県熊野市和歌山(県)英国人墓地熊野(市)みかんぐみ近衛尚通近畿地方片岡直温教材教具紀州鉱山紀伊山地紀伊半島

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紀和の関連情報