経ヶ岬(読み)きょうがみさき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経ヶ岬
きょうがみさき

京都府北部,丹後半島北端の若狭湾の西側にあり,近畿地方の最北端をなす。岬の中腹には 1899年に設置された灯台がある。丹後半島一周道路(国道178号線)の開通により名所となった。丹後天橋立大江山国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょうがみさき【経ヶ岬】

京都府北端,日本海へ突出する丹後半島北端の岬。第三紀の安山岩からなり,周囲は高さ30~70mの海食崖で囲まれており,東西幅約500m,最高点は標高201m。付近は対馬海流と反転して若狭湾を西流してくる沿岸流との交会点にあたるので,潮流が複雑で強い。岬の中腹には光達距離29カイリの1等灯台がある。若狭湾国定公園の一部であり,半島一周道路が岬の付け根近くを通っている。【金田 章裕】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔京都府〕経ヶ岬(きょうがみさき)


京都府の丹後(たんご)半島北端の岬。若狭(わかさ)湾の北西端にあたる。経ヶ岬灯台がある。丹後山地が日本海に迫り、長く「陸の孤島」とされたが、近年急速に観光地化。西6kmに丹後松島(まつしま)の景勝地がある。山陰(さんいん)海岸国立公園の観光地の一つ。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

経ヶ岬
きょうがみさき

京都府北西部、丹後(たんご)半島の北東端にある岬。日本海に突出し、近畿地方の最北端(北緯35度46分、東経135度13分)にあたる。海食を受けた断崖(だんがい)は海岸美に富み、丹後天橋立大江山(たんごあまのはしだておおえやま)国定公園に含まれる。標高140メートルの崖上には、1898年(明治31)に建設された76万燭光(しょっこう)、光達約29海里の経ヶ岬灯台がある。[織田武雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の経ヶ岬の言及

【丹後半島】より

…若狭湾の西側に位置し,南西部は丹後山地に接する。先端は高さ144m,光達距離29カイリの灯台がある経ヶ岬(きようがみさき)。半島のほぼ全体が地塁性の隆起準平原で,標高500~600mが浸食基準面となっている。…

※「経ヶ岬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android