コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経済ナショナリズム けいざいナショナリズムeconomic nationalism

2件 の用語解説(経済ナショナリズムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経済ナショナリズム
けいざいナショナリズム
economic nationalism

自国経済に対する外国の支配を排除して,経済の自立的発展をはかろうとする運動ないしイデオロギーのこと。今日の発展途上国の多くは,独立後も植民地期以来のモノカルチャー経済から容易に脱出できず,大衆の貧困はいっこうに解消しなかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

経済ナショナリズム
けいざいなしょなりずむ

近代ナショナリズムにおける経済的側面であり、自立的な国民経済の形成と発展を目的として、この目的を達成するための政策手段と制度の体系のことをいう。そして、ここでいう国民経済の形成と発展の究極的目的は、国民経済的統合に求められる。
 19世紀における経済ナショナリズムは、まず関税政策となって発現した。やがて関税政策は国内産業育成政策と結び付くことによって、いわゆる幼稚産業保護論が出現することになった。すなわち、幼稚産業は保護関税によって国際競争から保護され、国内市場向けの生産を拡大し、それによって規模の経済を実現し生産コストの低減を図って、国際競争力をつけるものと考えられたわけである。今日に至るまで、先進工業諸国はほぼこの発展路線に従って、関税政策による工業化を基軸にして国民経済の形成・発展を推進してきた。
 一方、今日の発展途上諸国は第二次世界大戦後、政治的には独立しえたものの、経済的独立をかちとるまでには至らなかった。この経済的独立という課題を達成するために、新たに工業化を中心とした国民経済の形成を目ざすことになった。こうして、ここに南北問題が展開されることになるが、南側の主張の理論的基礎となったのはプレビッシュによる中心国―周辺国理論であって、周辺国たる発展途上国の工業化は国内努力によっては達成困難であり、先進国側の協力を必要とするとしている。[入江成雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

経済ナショナリズムの関連情報