コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経行 きょうぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経行
きょうぎょう

経行」のページをご覧ください。

経行
きんひん

経典では「きょうぎょう」と読むが,禅宗では「きんひん」と読む。坐禅中に睡気に襲われたとき,疲労したときなどに,一定の場所を経文を称えたりなどしつつ,静かにゆっくりと歩行すること。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きょう‐ぎょう〔キヤウギヤウ〕【経行】

仏語。心身を整えるために、一定の場所をゆっくり歩くこと。
[補説]禅宗では「きんひん」と読む。
堂内の仏前を静かに読経しながら歩くこと。

きん‐ひん【行】

唐音》「きょうぎょう(経行)」に同じ。禅宗でいう。

けい‐こう〔‐カウ〕【経行】

[名](スル)
過ぎ行くこと。通過。
月のめぐり。月経

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうぎょう【経行】

〘仏〙 食後や修行の合間、疲れや眠けをとるために一定の場所をゆっくり歩くこと。禅宗では「きんひん」と読む。

きんひん【経行】

〔唐音〕
禅宗で、座禅中の疲れや、眠気をとるために一定の場所を歩くこと。きょうぎょう。 「古往の聖人、おほく樹下露地に-す/正法眼蔵」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の経行の言及

【行道】より

…また大法要で大衆が入堂する際に行列をなして境内や回廊を練り歩くのも行道の一種で庭儀式,縁儀式という。行道面(2)経行(きようぎよう∥きんひん)のこと。一定地域を巡ったり,座禅のさいの眠けを覚ますために身心を整える運動をいう。…

【行道】より

…また大法要で大衆が入堂する際に行列をなして境内や回廊を練り歩くのも行道の一種で庭儀式,縁儀式という。行道面(2)経行(きようぎよう∥きんひん)のこと。一定地域を巡ったり,座禅のさいの眠けを覚ますために身心を整える運動をいう。…

※「経行」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

経行の関連キーワードニューロエソロジー頂相(ちんそう)生得的解発機構エソロジー正法眼蔵行く影の息衝く日妙尼開目鈔補説合間仏語通過心身食後日弁花押杜環行道坊中

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android