コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結城氏朝 ゆうきうじとも

6件 の用語解説(結城氏朝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

結城氏朝
ゆうきうじとも

[生]応永9(1402)
[没]嘉吉1(1441).4.16. 下総,結城
室町時代の武将。泰朝の子。初め関東管領足利持氏と対抗したが,のち和し,永享 10 (1438) 年の永享の乱には持氏を助けた。持氏が鎌倉永安寺で自殺したのち,同 12年3月氏朝は管領家の再興を期して,持氏の遺子春王,安王を擁立し,幕府軍と戦ったが敗れた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ゆうき‐うじとも〔ゆふきうぢとも〕【結城氏朝】

[1402~1441]室町中期の武将。下総(しもうさ)の人。上杉憲実に対抗、足利持氏死後、その遺児を迎えて結城城に籠ったが、上杉軍に敗れて自殺。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日日本歴史人物事典の解説

結城氏朝

没年:嘉吉1.4.16(1441.5.6)
生年:応永9頃(1402)
室町時代前期の武将。下総国結城城(茨城県結城市)城主。小山泰朝の長男,結城満広の養嗣子。通称七郎,中務大輔に任ず。養父の早世後,下野守護として活躍する祖父基光の強い影響下で育つ。基光の死とともに結城氏の家督を継ぎ,鎌倉公方足利持氏を支持する大名の中心となる。持氏が幕府に背いた永享10(1438)年の永享の乱では,将軍足利義教の命で中立の立場を取るが,同12年には持氏の遺児を擁する奉公衆・公方派大名の要請を受け,結城城を拠点として幕府・上杉軍に戦いを挑み,1年余の激戦の末,子の持朝,朝兼以下一族,家臣と共に戦死した。<参考文献>『結城市史』4巻,『関城町史』通史編上

(市村高男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうきうじとも【結城氏朝】

1397‐1441(応永4‐嘉吉1)
室町時代の武士。小山泰朝の子,伯父結城満広の養嗣子。中務大輔。結城氏は氏朝の祖父基光の時代より下野に大きく勢力をのばし,関東管領上杉氏の下野進出にともない相互に対立を深めた。1440年(永享12)氏朝は足利持氏の遺児安王丸・春王丸を擁して反上杉氏勢力を結城城に結集させ,幕府に支援される上杉軍に抗戦。約1年にわたる籠城の末戦死した。結城合戦【市村 高男】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ゆうきうじとも【結城氏朝】

1402~1441) 室町中期の武将。下総しもうさの人。上杉氏と対立し、1440年足利持氏の遺子を奉じて結城合戦を起こしたが、敗れて自殺。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

結城氏朝
ゆうきうじとも
(1402―1441)

室町時代の武将。小山泰朝(おやまやすとも)の子で、下総(しもうさ)結城満広(みつひろ)の養子。中務大輔(なかつかさのたいふ)、従(じゅ)五位下。1416年(応永23)ごろ家督継承、祖父基光(もとみつ)が死去した30年(永享2)以降結城家当主としての活動を開始。前代から敵対していた上杉氏との対立を深め、38年永享(えいきょう)の乱では足利持氏(あしかがもちうじ)を支援。40年持氏の遺児安王(やすおう)丸、春王(はるおう)丸が挙兵するとこれを結城城に迎え、関東諸家(宇都宮(うつのみや)、小山氏の一族や那須(なす)、岩松氏など)を糾合して幕府・上杉軍に抗戦(結城合戦)したが、翌41年(嘉吉1)4月16日敗れて子の持朝(もちとも)らと自殺。[市村高男]
『『結城市史 第1、第4巻』(1977、80・結城市)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の結城氏朝の言及

【下野国】より

…翌39年の持氏の自害で基氏以来80年存続した鎌倉府が滅亡し,関東の動乱もようやく終息するかにみえたが,40年永享の乱の余波ともいうべき結城合戦が勃発する。持氏の遺児春王,安王は持氏余党に擁立されて挙兵し,結城氏朝の拠る結城城に迎えられた。総大将上杉清方の幕府軍には宇都宮等綱,小山持政らが参陣し,籠城軍には宇都宮伊予守,小山大膳大夫,同子息九郎,同舎弟生源寺らがいた。…

【結城合戦】より

…1440年(永享12)3月,下総の結城氏朝が鎌倉公方足利持氏の遺子春王丸・安王丸を奉じて幕府に抗した戦い。持氏は永享の乱に敗れ前年2月に鎌倉永安寺で自殺したが,この持氏の死後も従来から続いている東国の混乱は鎮静化しなかった。…

※「結城氏朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

結城氏朝の関連キーワード茨城県結城市結城茨城県結城市結城作足利安王丸足利春王丸里見家基結城氏朝(2)結城成朝結城直光結城政朝(1)結城満朝

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone