コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結晶化学 ケッショウカガク

デジタル大辞泉の解説

けっしょう‐かがく〔ケツシヤウクワガク〕【結晶化学】

結晶を構成する原子配列と、化学性質との関連を研究する化学の一部門。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けっしょうかがく【結晶化学】

結晶の化学的性質を扱う化学の一部門。 X 線を用いた結晶の原子的構造の解析、結晶の物性と構造との関係、結晶の関与する化学反応などについて研究する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

結晶化学
けっしょうかがく
crystal chemistry

結晶における化学組成、化学結合、原子や分子の存在状態などを結晶構造との関連のうえで研究する化学の一分野。結晶構造の解析によって蓄積された実験結果に基づき、1926年にノルウェーの鉱物学ゴルトシュミットは、イオン結晶におけるイオン半径の概念を確立し、1930年代にはアメリカのポーリングによって結晶構造・分子構造と化学結合との関係が示された。その後、金属、合金、ケイ酸塩、有機化合物についても研究が進められ、20世紀後半に至って酵素や核酸(DNA)などの生体関連物質の複雑な結晶構造の解析も行われるようになった。また、構造解析のみにとどまらず、結晶の光学的、電気的、磁気的、熱的性質と化学組成あるいは化学結合性との関連を調べる物性化学的研究への発展もみられている。
 結晶化学の研究態度が物質指向的であるのに対し、化学組成と結晶形態あるいは結晶構造との関連を、結晶構造解析法の改良、開発を含めて理論的に扱う学問を化学結晶学とよぶこともある。しかし、両者の区別はかならずしも明確とはいえず、化学と結晶学の境界付近で、どちら側により近いかを示すものにすぎないともいえる。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

結晶化学の関連キーワードゴルトシュミット(Victor Moritz Goldschmidt)イソニコチン酸ヒドラジド二クロム酸ナトリウムカルシウムシアナミドJ.M. バイフートE. フョードロフシアン化ナトリウム二クロム酸カリウムナトリウムアミド塩化アルミニウム硝酸アンモニウムジフェニルアミン硫酸アンモニウムペルオキソ二硫酸酢酸ナトリウムアニリン塩酸塩アントラキノン亜硝酸カリウム硫酸カルシウムエピタクシー

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android