コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

続発性高血圧(二次性高血圧) ぞくはつせいこうけつあつにじせいこうけつあつSecondary Hypertension

家庭医学館の解説

ぞくはつせいこうけつあつにじせいこうけつあつ【続発性高血圧(二次性高血圧) Secondary Hypertension】

◎病気が原因の高血圧
 病気があって、その症状の1つとしておこる高血圧を続発性高血圧、または二次性高血圧といいます。
 その頻度は低く、高血圧全体の5%程度です。
 35歳以下の若い人に発症する若年性高血圧(じゃくねんせいこうけつあつ)(コラム「若年性高血圧」)は、この続発性高血圧のことが多く、詳細な検査が必要になることが多いものです。
 続発性高血圧は、病気の部位などに応じて、腎性高血圧(じんせいこうけつあつ)、内分泌性高血圧(ないぶんぴつせいこうけつあつ)、心血管性高血圧(しんけっかんせいこうけつあつ)、神経性高血圧(しんけいせいこうけつあつ)、妊娠高血圧症候群(にんしんこうけつあつしょうこうぐん)(妊娠中毒症(にんしんちゅうどくしょう))などに分類されています。
 病気が治れば、症状である高血圧も解消するのが原則ですが、病気が治っても高血圧だけが残ってしまうことがあります。
 この場合は、高血圧の治療(高血圧(症)の「高血圧の治療」)が必要になります。
腎性高血圧(じんせいこうけつあつ)
【英】Renal Hypertension
 腎臓(じんぞう)の病気が原因でおこった高血圧で、もっとも頻度が高く、続発性高血圧の4分の3は、この腎性高血圧です。
 高血圧をおこすのは、急性腎炎、慢性腎炎、糖尿病性腎症、痛風腎(つうふうじん)、腎盂腎炎(じんうじんえん)、腎梗塞(じんこうそく)、腎動脈狭窄症(じんどうみゃくきょうさくしょう)、レニン産生腫瘍(さんせいしゅよう)、ウィルムス腫瘍、腎周囲膿瘍(じんしゅういのうよう)などがおもなものです。
 これらの病気がおこると、腎臓の中を流れる血液の量が減少します。すると腎臓は、レニン・アンギオテンシン、アルドステロンという血圧を上昇させる物質の分泌量(ぶんぴつりょう)を増やします。血圧を上昇させ、腎臓へより多くの量の血液が流れるようにしむけるのです。
内分泌性高血圧(ないぶんぴつせいこうけつあつ)
【英】Endocrine Hypertension
 ホルモン(内分泌(ないぶんぴつ))の分泌が異常になる病気でおこる高血圧で、腎性高血圧についで頻度が高くなっています。
 バセドウ病などの甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)でおこることが多いのですが、原発性(げんぱつせい)アルドステロン症、褐色細胞腫(かっしょくさいぼうしゅ)、クッシング症候群(しょうこうぐん)などの副腎(ふくじん)の病気が原因のこともあります。
心血管性高血圧(しんけっかんせいこうけつあつ)
【英】Cardiovascular Hypertension
 心臓から出てすぐの太い血管(心血管(しんけっかん))の病気でおこってくる高血圧で、大動脈縮窄症(だいどうみゃくしゅくさくしょう)、大動脈炎症候群(だいどうみゃくえんしょうこうぐん)などが代表的な病気です。
神経性高血圧(しんけいせいこうけつあつ)
 脳・神経の病気でおこる高血圧で、脳の中の圧が高くなると、高血圧がおこってきます。原因となる病気は、髄膜炎(ずいまくえん)や脳腫瘍(のうしゅよう)が代表的ですが、脳のけがが原因になることもあります。
妊娠高血圧症候群(にんしんこうけつあつしょうこうぐん)(妊娠中毒症(にんしんちゅうどくしょう))
【英】Gestational Toxicosis
 妊娠にともなっておこる病気です。高血圧、むくみ(浮腫(ふしゅ))、たんぱく尿が3大症状ですが、高血圧だけしか現われないこともあります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

続発性高血圧(二次性高血圧)の関連キーワード高血圧(症)

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android