コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

維持飼料 イジシリョウ

5件 の用語解説(維持飼料の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いじ‐しりょう〔ヰヂシレウ〕【維持飼料】

家畜類の生存に必要な、最少の養分を含む飼料。→生産飼料

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いじしりょう【維持飼料 maintenance ration】

家畜の維持状態を保つのに必要な飼料。家畜が成長,労役,乳・肉・卵などの生産をしないで,ただ生命を保つだけでも体物質は消耗する。家畜が食べる飼料の養分はまずこの消耗の補給にあてられる。そのとき,エネルギータンパク質ミネラルおよびビタミンなどの消費と供給とが一致して,出納が平衡した状態が維持である。維持状態を保つために必要とされる以上に養分が与えられたとき,それは各種の生産活動に利用される。これが生産飼料である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

維持飼料
いじしりょう

家畜が生命を維持するだけの静止の状態のときに必要とする飼料をいう。それ以外に、成長、妊娠、泌乳、肥育、産卵、産毛、労役などの生産に従事するために必要とする生産飼料と区別される。維持飼料主として体温発生に役だつほか、臓器の活動、各種の代謝消耗を補うのに用いられる。したがって熱量が重視されるが、最小限のタンパク質やビタミン、ミネラルも考慮しなければならない。[正田陽一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone