コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

網地島 あじしま

5件 の用語解説(網地島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

網地島
あじしま

宮城県東部,牡鹿半島南端,仙台湾に浮かぶ島。石巻市に属する。北西,南東方向に長く,最高点 101m。数段の海岸段丘からなる美しい島。網地,長渡 (ふたわたし) の漁村は規模は小さいが,多くの水揚げ量がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あじ‐しま〔あヂ‐〕【網地島】

宮城県東部、牡鹿(おしか)半島先端の南西約5キロメートルにある島。周囲18.3キロメートル、面積6.6平方キロメートル。三陸復興国立公園に属する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あじしま【網地島】

宮城県牡鹿(おしか)郡牡鹿町に属する島。最高点101m,面積6.4km2。牡鹿半島の南端から西方約6kmに位置し,半島南端と同じくジュラ紀ケツ岩,砂岩よりなる。北西~南東に長く,数段の海岸段丘が発達している。池ノ浜,網地,長渡(ふたわたし)の3集落に人口が集中し,714人(1995)が居住する。男子の大半が遠洋・沖合漁業に従事する半農半漁の村である。石巻,田代島,牡鹿町鮎川との間に定期船がある。【長谷川 典夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮城県〕網地島(あじしま)


宮城県東部の牡鹿(おしか)半島南西沖に浮かぶ島。面積6.8km2。石巻(いしのまき)市に属する。最高点は標高101mの全体になだらかな島で、沿岸には海岸段丘が発達する。網地ほか2ヵ所に集落があり、沿岸漁業のほか民宿が盛ん。牡鹿半島先端に近い鮎川(あゆかわ)港から定期船が通う。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

網地島
あじしま

宮城県中部、牡鹿(おしか)半島の先端西側にある島。石巻(いしのまき)市に属する。面積6.43平方キロメートル。南北約5.5キロメートル、東西1.5キロメートルの南北に長い島で、北端には網地、南端には長渡(ふたわたし)の集落があり、農漁業に従事している。気候は寒暖の差が少なく、亜熱帯植物も自生。島の中央部はほぼ平坦(へいたん)で、これは全島が海岸段丘であることによる。三陸復興国立公園(旧、南三陸金華山国定公園)に含まれ、白浜海水浴場がある。石巻(いしのまき)港から田代島―網地島―鮎川(あゆかわ)を結ぶ網地島ラインが運航されている。人口のもっとも多かった1955年(昭和30)には3299人の住民がいたが、2009年(平成21)には505人に減少している。[青柳光太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

網地島の関連キーワード宮城県牡鹿郡女川町石浜宮城県牡鹿郡女川町出島宮城県牡鹿郡女川町江島宮城県牡鹿郡女川町尾浦宮城県牡鹿郡牡鹿〈町〉宮城県牡鹿郡女川町竹浦宮城県牡鹿郡女川町塚浜宮城県牡鹿郡女川町針浜宮城県牡鹿郡女川町横浦

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

網地島の関連情報