コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綾踊 あやおどり

百科事典マイペディアの解説

綾踊【あやおどり】

色紙を巻いた綾竹を用いておどる踊り。綾竹の代りに扇子や〈こきりこ〉を持つものもある。和歌山県新宮市三輪崎の鯨踊の中の綾踊など,各地に民俗芸能として残る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あやおどり【綾踊】

(1)民俗舞踊の一種。30cmほどの竹に色紙を巻き両端に房を付けた綾竹を両手に持って拍子をとりつつ踊る。和歌山県新宮市三輪崎の鯨踊,神奈川県三浦市三崎のチャッキラコ,岐阜県大野郡宮村の神代踊などに残る。風流(ふりゆう)踊(風流)のうち踊り手が千鳥掛けに入れかわる曲を称するところもある。(2)歌舞伎舞踊でも《小原女》などに綾竹を用いる振りが残るが《子守》などでは赤白布を綾に巻いた長い一本棒を用いる。【山路 興造】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android