コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総合地球環境学研究所 そうごうちきゅうかんきょうがくけんきゅうしょ

3件 の用語解説(総合地球環境学研究所の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

総合地球環境学研究所【そうごうちきゅうかんきょうがくけんきゅうしょ】

大学共同利用機関法人人間文化研究機構に所属する研究機関の一つ。略称,地球研。地球温暖化生物多様性の喪失,水資源の枯渇といった地球環境問題の解決に向けて,人文・社会科学から自然科学にわたる学問分野を総合化して人間と自然の間にある相互作用の実態を解き明かすことを目的としている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉の解説

そうごうちきゅうかんきょうがく‐けんきゅうじょ〔ソウガフチキウクワンキヤウガクケンキウジヨ〕【総合地球環境学研究所】

地球環境学に関する総合研究を行う大学共同利用機関人間文化研究機構に所属。平成13年(2001)設立。京都府京都市に所在。地球研。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

総合地球環境学研究所
そうごうちきゅうかんきょうがくけんきゅうしょ

大学共同利用機関法人の人間文化研究機構を構成する研究機関。英語名はResearch Institute for Humanity and Nature、略称は地球研。「人間と自然系との相互作用環の理解の上にたって、地球環境問題の解決に資する研究をさまざまな領域について進め」るために、2001年(平成13)4月に京都市北区に設立された。環境問題は、自然科学分野はもちろん、環境倫理学環境法学環境社会学環境経済学などの人文科学、社会科学など多くの分野にまたがっているが、それら個別の領域で個々に研究が行われる傾向があった。それらの諸科学を総合し、統合していく拠点として当研究所が設けられたわけである。また、中国環境問題研究の共同設置研究拠点の一つにもなっている。2010年10月には、10年に及ぶ研究成果の一環として『地球環境学事典』を刊行した。ほかにも、地球研フォーラム、各種セミナー、国際シンポジウム等、精力的に活動し研究成果を公開している。またそれら専門性の高い催しとは別に、キッズセミナー、オープンハウス、地域連携セミナーなどを催しており、地域貢献への意識も高い。初代所長は動物行動学者の日高敏高(ひだかとしたか)(1930―2009)、2013年4月時点での所長(第3代)は気象学者の安成哲三(やすなりてつぞう)(1947― )である。[山内乾史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

総合地球環境学研究所の関連キーワード国立民族学博物館高エネルギー加速器研究機構ISAS大学共同利用機関法人共同利用核融合科学研究所大隅良典志村令郎科学研究費国立大学法人法案

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

総合地球環境学研究所の関連情報