コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老人病 ろうじんびょう geriatric diseases

4件 の用語解説(老人病の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

老人病
ろうじんびょう
geriatric diseases

老年期特有の疾病をいう。その多くは壮年期に発病し,老年期にまで慢性的に進行するので,成人病と区別できないことが多い。したがって老人病の範疇に入る病名は限りなくあるが,代表的なものとしては,中枢神経系の血管損傷 (脳卒中など) ,悪性腫瘍 (癌など) ,心臓疾患 (高血圧性心疾患,心筋梗塞など) ,老年精神病などがあげられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ろうじん‐びょう〔ラウジンビヤウ〕【老人病】

老人に多くみられる病気。癌(がん)心臓病高血圧糖尿病白内障リウマチ骨粗鬆症(こつそしょうしょう)老人性認知症など。老年病。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

老人病【ろうじんびょう】

老年病とも。老年者に起こる疾患の総称。退行性の慢性疾患で,成人病もこの中に含まれ,動脈硬化高血圧糖尿病痛風貧血更年期障害,新生物(腫瘍(しゅよう)),精神病など多種,個体差が増すこと,栄養障害のあること,生体反応が弱いこと,ホメオスタシスが障害されやすいことなどが特徴。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ろうじんびょう【老人病】

高齢者に多くみられる疾患の総称。老年性認知症・変形性関節炎・白内障などのほか、壮年期に発症した生活習慣病が老年期まで持ち越されているものなどをいう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

老人病の関連キーワード壮年期地形段階の法則老年医学老年期老年期地形セカンドエージ年期小作幼年期老年精神医学老年精神病

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

老人病の関連情報