コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老人病 ろうじんびょうgeriatric diseases

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

老人病
ろうじんびょう
geriatric diseases

老年期特有の疾病をいう。その多くは壮年期に発病し,老年期にまで慢性的に進行するので,成人病と区別できないことが多い。したがって老人病の範疇に入る病名は限りなくあるが,代表的なものとしては,中枢神経系の血管損傷 (脳卒中など) ,悪性腫瘍 (癌など) ,心臓疾患 (高血圧性心疾患,心筋梗塞など) ,老年精神病などがあげられる。最近,老人問題や人口高齢化問題が深刻な社会問題化したことに伴い,これら老人病は,特に予防の面から重視されるようになっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

老人病【ろうじんびょう】

老年病とも。老年者に起こる疾患の総称。退行性の慢性疾患で,成人病もこの中に含まれ,動脈硬化高血圧糖尿病痛風貧血更年期障害新生物腫瘍(しゅよう)),精神病など多種,個体差が増すこと,栄養障害のあること,生体反応が弱いこと,ホメオスタシスが障害されやすいことなどが特徴。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ろうじんびょう【老人病】

高齢者に多くみられる疾患の総称。老年性認知症・変形性関節炎・白内障などのほか、壮年期に発症した生活習慣病が老年期まで持ち越されているものなどをいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

老人病の関連キーワード老化にともなう心の病気ロングフライト血栓症老人保健施設緒方 知三郎前立腺肥大症老年性認知症隔離(検疫)久代 登喜男日本医科大学シャルコー思春期医学生活習慣病自然治癒力緒方知三郎久代登喜男丸山 豊老年医学老人病院骨粗鬆症老年病学

老人病の関連情報