羽後町(読み)うご

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

羽後〔町〕
うご

秋田県南部,横手盆地南西部にある町。湯沢市の北西に位置し,西半は出羽山地に属する林野。 1955年西馬音内町と三輪村,新成 (にいなり) 村,元西馬音内村,田代村,仙道村の5村,明治村の一部が合体して発足。中心集落は西馬音内で,江戸時代から九斎市が開かれ,周辺の商業の中心として発展。現在でも市が開かれる。かつては水田単作が中心であったが,畜産や園芸も盛んになっている。旧盆に行なわれる西馬音内盆踊りは国の重要無形民俗文化財。杉宮の三輪神社本殿は室町時代の建築といわれ,天正 19 (1591) 年建立の須賀神社本殿とともに国の重要文化財に指定。国道 398号線,57号線などが通る。面積 230.78km2。人口 1万5319(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

羽後町の関連情報