考証学派(読み)こうしょうがくは

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

考証学派
こうしょうがくは

江戸時代の儒学の一派。経書を中心とする儒学の研究において、事実関係の証拠を考究することを基礎にする。さらには歴史・学芸などの事実そのものの立証に及ぶ。広義には、折衷学派のうちに考証学的傾向を認めて、一括して折衷考証学派というが、狭義には、とくに吉田篁(こうとん)、太田錦城(きんじょう)、狩谷(かりやえきさい)、松崎慊堂(こうどう)らの学風、学統をいう。
 考証学派成立の過程には、国内的条件と国際的条件とがある。国内的条件は、江戸初期からの日本近世儒学の発展である。もともと朱子学にも経書解釈上で事実認識を導入する萌芽(ほうが)があり、林羅山(らざん)、貝原益軒(えきけん)、新井白石(あらいはくせき)らは博学・実証の傾向が強い。朱子学の克服を意図して現れた伊藤仁斎(じんさい)・東涯(とうがい)、荻生徂徠(おぎゅうそらい)らの古学派は、聖人の教えを明らかにするためには、後世の主観的解釈を排除して古義・古文辞(こぶんじ)を客観的に認識しなければならないとする。古学派に続いて登場する細井平洲(へいしゅう)、片山兼山(けんざん)、井上金峨(きんが)らの折衷学は、各種の注釈を折衷して経書解釈を行おうとし、取捨選択の基準を事実認識の当否に置く。考証学派は、折衷学派の学統のなかから誕生したものである。一方、国際的条件は清朝(しんちょう)考証学の発展である。中国では、漢唐の訓詁(くんこ)学、宋明(そうみん)の性理学に対して、清朝の考証学がおこり、顧炎武(こえんぶ)、朱彝尊(しゅいそん)、閻若(えんじゃくきょ)らの著書が江戸中期以降、数多く日本に輸入され、大きな影響を与えた。[三宅正彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こうしょうがく‐は カウショウ‥【考証学派】

〘名〙 考証学②に属する学者、またはその一派をいう。考拠派(こうきょは)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android