コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太田錦城 おおた きんじょう

美術人名辞典の解説

太田錦城

江戸後期の儒者。加賀生。名は元貞、字は公幹、通称は才佐。京都の皆川淇園、江戸の山本北山に学ぶ。折衷学に清の考証学を取り入れた。三河吉田藩に仕え、晩年は加賀金沢藩に仕えた。文政8年(1825)歿、61才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おおた‐きんじょう〔おほたキンジヤウ〕【太田錦城】

[1765~1825]江戸後期の儒学者。加賀の人。名は元貞。姓は「大田」とも。門弟に教えながら独学し、折衷学派大成。晩年、加賀前田侯に出仕。著「論語大疏」「九経談」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おおたきんじょう【太田錦城】

1765‐1825(明和2‐文政8)
江戸後期の儒者。折衷考証学派。名は元貞,字は公幹,通称は才佐,錦城は号。加賀国大聖寺の医家に生まれた。家業の医学にあきたらず,京都の皆川淇園や江戸の山本北山に学び,その後独学で一家の学を作りあげた。その才学を認めた幕府の医官多紀桂山の後援で,ひろく名を知られるようになる。はじめ三河吉田藩に召し抱えられ,やがて郷里の加賀藩に迎えられて,俸禄300石,上士に列せられた。錦城は博覧強記,経学を主としたが,百家の書に通じたといわれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おおたきんじょう【太田錦城】

1765~1825) 江戸後期の儒学者。加賀の人。和漢の学問を学び考証学を大成。経学に通じ、考証に詳しい。著「九経談」「疑問録」「梧窓漫筆」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太田錦城
おおたきんじょう

[生]明和2(1765)
[没]文政8(1825).4.23.
江戸時代後期の折衷派の儒学者。名は元貞,字は公幹,通称は才佐,錦城と号した。加賀大聖寺の人。本草学にも通じた医者玄覚の第8子。初め兄伯恒に医を学び,のち医を捨て皆川淇園 (京都) ,山本北山 (江戸) に学ぶ。やがて刻苦精励して一家をなす。初め吉田侯,のち加賀侯に仕える (300石) 。錦城の折衷学は宋学に毛奇齢,朱彝尊らの清朝初期の考証学を取入れたもの。博識をもって聞え,考証にすぐれていた。著書『九経談』 (10巻) ,『疑問録』『仁説三書』『一貫名義』など。随筆に『梧窓漫筆』 (6巻) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太田錦城
おおたきんじょう
(1765―1825)

江戸後期の儒学者。考証学派とされる。名は元貞、字(あざな)は公幹、通称才佐(さいざ)。錦城はその号。加賀(石川県)の人。初め山本北山(やまもとほくざん)に就いたが、幕府の医官多紀元簡(たきげんかん)の知遇を得て清(しん)朝の書籍を読み、ほとんど独学で一家の学風を樹立した。のち加賀侯に仕え、文政(ぶんせい)8年4月23日、61歳で没した。『九経談(きゅうけいだん)』(1804)はその40歳のときに刊行された代表的著作で、『孝経』と四書に、『礼記(らいき)』を除く五経を加えた九経についての論説である。その学識の淵博(えんぱく)は当時に喧伝(けんでん)され、なかでも『書経』の偽作問題を追求した考証は精密を極めている。これは彼が清朝の考証学を重んじた成果である。ただし、彼は宋学(そうがく)を実証性のないものとして批判しながら、その道義的実践性(義理)を尊重し、瑣末(さまつ)な考証に陥ることを戒めて、学問的な真偽と実践的な効用とを区別してその両面を追求する必要を説いた。実学としての儒学の実践性を重んじながら、学問としての考証学を進めたところに、彼の特色がある。[金谷 治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

太田錦城の関連キーワード本間玄調吉田篁墩藤田東湖山田図南宮内嘉長山田検校松平信明海保漁村漢文学太田和漢

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android