コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖書考古学 せいしょこうこがくBiblical archaeology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖書考古学
せいしょこうこがく
Biblical archaeology

考古学の特殊部門で,新・旧約聖書に記される事跡考古学的に実証していこうとする学派。主としてパレスチナを中心とする隣辺諸国の遺跡の調査に多くの成果をあげた。 W.オールブライトが著名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいしょこうこがく【聖書考古学 Biblical archaeology】

旧・新約聖書の記述を前提とし,パレスティナを中心に西アジア,地中海地域を対象とする宗教考古学の一分野。層位学的方法と遺物の型式学的方法をもとに,聖書と史実との関連,聖書中の地名の同定などを探究の目的として,聖書学,キリスト教史学の一翼を担うが,同時に比較層位学によって相互に関連する地域の文化を究明する考古学でもある。パレスティナが中心であるためパレスティナ考古学とも呼ばれ,旧約聖書,タルムードを聖典とするユダヤ教の聖地考古学とも重なる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せいしょこうこがく【聖書考古学】

聖書の記事の時代背景を解明するため、関連する遺跡の発掘調査を行う、考古学の一分野。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

聖書考古学
せいしょこうこがく
Biblical archaeology

キリスト教の聖典『旧約聖書』『新約聖書』の記述と史実との関連を研究する考古学。仏教考古学と並んで、宗教考古学の一部を構成する。時間的には、聖書学が伝承と歴史の最初の整合性を認める紀元前二千年紀から新約諸書が成立し終わるまで、すなわち中期青銅器時代から中期ローマ時代までをおもに扱う。地理的には西アジア、地中海地域とりわけパレスチナが中心となる。19世紀アメリカのE・ロビンソン(1794―1863)が、聖書中の地名の実地調査を行ったことに始まる。その後の聖書考古学の発展は、聖書が、当地の古代の文化に深く根ざして成立していることを明らかにした。[鈴木忠司]
『アンドレ・パロ著、波木居斉二・矢島文夫訳『聖書の考古学』(1958・みすず書房) ▽J・M・ランデイ著、穴沢光訳『沈黙の都市・聖なる石〈パレスチナ考古学入門〉』(1976・学生社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の聖書考古学の言及

【考古学】より

…まず,ヨーロッパ考古学,中国考古学,日本考古学というような地域的な大区分があり,それぞれがまた,時代や文化によって細分されている。このほか,特定の課題や生活分野を取り扱う部門として,環境と人間のかかわり合いを研究する環境考古学,産業革命期を中心とした時代の産業技術を研究する産業考古学,キリスト教関係の建物や遺物を研究するキリスト教考古学,聖書の記述と遺跡・遺物の対比研究を行う聖書考古学,仏教考古学,美術考古学などが成立している。また,特定の方法・技術を駆使して研究を推進する部門として,航空写真の判読を行う航空考古学,潜水して水底の遺跡を調査する水中考古学,過去の技術を実験的に復原して仮説を検証したり,仮説構成のためのデータを得ようとする実験考古学などが成立している。…

【聖書学】より

…語学としてのヘブライ語,アラム語は直接の原語であり,そのほかに多くのセム語その他が関連語学として必要とされる。聖書考古学は,聖書が言及する史的事件,制度,文化に直接・間接にかかわる資料を系統的に提示する。イスラエル史は,考古学資料と文献資料を解釈して再構成される。…

※「聖書考古学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

聖書考古学の関連キーワードウィリアム・フォックスウェル オールブライトエレミアス発掘調査ガリンクアリオリライト

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

聖書考古学の関連情報