コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胸腺リンパ体質 きょうせんリンパたいしつthymicolymphatic constitution

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胸腺リンパ体質
きょうせんリンパたいしつ
thymicolymphatic constitution

乳児期にみられる過敏性体質の一つで,胸腺リンパ組織肥大している体質をいう。この体質の小児は,健常児では特に問題を生じないような刺激,たとえば,軽い外傷,手術,注射,感動などに激しい反応を示したり,急死することがある。病気にかかっても悪化しやすいといわれる。副腎皮質の機能不全に関連があると考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きょうせん‐リンパたいしつ【胸腺リンパ体質】

全身のリンパ節胸腺が肥大する体質。抵抗力が弱く、わずかの刺激に強く反応し、急死することがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

胸腺リンパ体質【きょうせんリンパたいしつ】

単にリンパ体質とも。大人になると退縮する胸腺の永存ないし肥大,全身のリンパ筋,リンパ様組織の肥大を特徴とする体質。この体質の人は一般に抵抗力が弱く,軽微な外傷,ワクチン,薬剤,抜歯のようなわずかな刺激に過敏に反応して死ぬことがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

胸腺リンパ体質の関連キーワード病的素因特異体質乳児期腺病質

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android