好奇(読み)コウキ

  • こうき カウ‥
  • こうき〔カウ〕

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]珍しいことや未知のことに対して強く興味をもつこと。また、そのさま。「好奇な目つき」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

名 ・形動 [文] ナリ 
珍しい物や未知の事柄に関心をよせる・こと(さま)。 -のまなざし 葉子は-な眼をかがやかし/或る女 武郎

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動) 珍しいことや変わったことを好むこと。物好きなこと。また、そのさま。
※小津桂窓宛馬琴書簡‐天保三年(1832)九月一六日「篠斎子は好奇の人に候間、〈略〉くはしく雑記仲にも記し置候也」
※蘭学事始(1921)〈菊池寛〉二「好奇と感激とに充たされずには居なかった」 〔論衡‐案書〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

好奇の関連情報