コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能代[市] のしろ

百科事典マイペディアの解説

能代[市]【のしろ】

秋田県北西部の市。1940年市制。日本海に臨む能代平野の大半を占め,米代(よねしろ)川河口付近に中心市街があり,五能線が通じる。奥羽本線と五能線が分岐する東能代駅前にも市街が発達する。
→関連項目春慶塗

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

のしろ【能代[市]】

秋田県北西部,米代川下流の能代平野に広がる市。1940年市制,55年檜山(ひやま)町と鶴形,浅内(あさない),常盤の3村を編入。人口5万5009(1995)。古くは渟代(ぬしろ)と称し,野代とも書いたが,1694年(元禄7),1704年(宝永1)の地震を機に能代に改められたという。658年(斉明4)の阿倍比羅夫の蝦夷遠征,771年(宝亀2)の渤海(ぼつかい)国使の来港などの古い歴史を有する。近世は米代川流域で産出する米や秋田杉などの移出港であり,米代川水運の起点として商業が発展した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

能代[市]の関連キーワード大庭秀雄清水宏ファッション・ブックアフリカン・アメリカン音楽エリセ斎藤寅次郎島津保次郎新体制運動豊田四郎久松静児

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone