能代[市](読み)のしろ

百科事典マイペディアの解説

能代[市]【のしろ】

秋田県北西部の市。1940年市制。日本海に臨む能代平野の大半を占め,米代(よねしろ)川河口付近に中心市街があり,五能線が通じる。奥羽本線と五能線が分岐する東能代駅前にも市街が発達する。江戸時代は松前,大坂などへ木材などの物資を輸送する河港であった。秋田杉の森林を控える日本有数の製材都市で,木材・木製品工業が活発。第2次大戦後は輸入木材が主となったが,現在も製造品出荷額の約4割(2003)を木材,木製品,家具,パルプ工業が占めている。パルプ・紙工業も行われ,特産に能代春慶塗がある。市街は第2次大戦後2回大火にあったが,防火都市づくりが行われている。海岸は砂丘地帯でナシや,ミョウガ,ネギなど野菜の栽培が盛ん。2006年3月山本郡二ッ井町を編入。426.95km2。5万9084人(2010)。
→関連項目春慶塗

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

のしろ【能代[市]】

秋田県北西部,米代川下流の能代平野に広がる市。1940年市制,55年檜山(ひやま)町と鶴形,浅内(あさない),常盤の3村を編入。人口5万5009(1995)。古くは渟代(ぬしろ)と称し,野代とも書いたが,1694年(元禄7),1704年(宝永1)の地震を機に能代に改められたという。658年(斉明4)の阿倍比羅夫の蝦夷遠征,771年(宝亀2)の渤海(ぼつかい)国使の来港などの古い歴史を有する。近世は米代川流域で産出する米や秋田杉などの移出港であり,米代川水運の起点として商業が発展した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android