コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脇村義太郎 わきむらよしたろう

3件 の用語解説(脇村義太郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脇村義太郎
わきむらよしたろう

[生]1900.12.6. 和歌山,田辺
[没]1997.4.17. 神奈川,逗子
昭和期の経済学者。東京帝国大学卒業後,同校の助手を経て 1926年に助教授有沢広巳ら若手の経済学者と世界経済に関する共同研究を行い,「中央公論」「改造」などに発表した論文によって「労農派」と呼ばれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

脇村義太郎 わきむら-よしたろう

1900-1997 昭和-平成時代の経済学者。
明治33年12月6日生まれ。脇村市太郎の長男。大正15年母校東京帝大の助教授。昭和13年人民戦線事件で検挙され,大学をさる。20年教授として東京帝大に復帰。海運,保険,石油などの世界経済や経営史を研究。財閥解体,海運業界再編など,おおくの産業政策に参画した。63年学士院院長。平成4年文化功労者。平成9年4月17日死去。96歳。和歌山県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

脇村義太郎
わきむらよしたろう
(1900―1997)

経済学者。和歌山県田辺町(現田辺市)に生まれる。第三高等学校を経て、1924年(大正13)東京帝国大学経済学部を卒業、助手になり、海運・海上保険論を専攻し、26年助教授に昇任した。38年(昭和13)人民戦線事件に連座し、大内兵衛(ひょうえ)、有沢広巳(ひろみ)らとともに起訴され、大学を去ったが、敗戦直後の45年(昭和20)11月教授として復職した。企業経営に対する実証主義的関心と学際的な研究視角による世界および日本企業の経営史研究を開拓し、とくに石油関係では独自の業績を残した。64年経営史学会創立に伴い初代会長に推された。政府関係の各種委員も歴任、幅広い活躍をしている。学士院会員。88~94年まで学士院長。92年文化功労者。[寺谷武明]
『『脇村義太郎著作集』全5巻(1975~81・日本経営史研究所)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

脇村義太郎の関連キーワード稲田献一小島麗逸杉原四郎関根友彦高原須美子竹本洋長幸男根岸隆宮崎勇室田武

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

脇村義太郎の関連情報