コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かかえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


かかえ

江戸時代の隷属農民の称。地方により名称成因,隷属の度合いなどさまざまであるが,親方や地主に対して労働力を提供し,生活を保護してもらうという庇護隷属の関係にあった。一般に,家屋,零細耕地をもっていたが,年貢は親方百姓を通して負担した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほう【抱】[漢字項目]

常用漢字] [音]ホウ(ハウ)(漢) [訓]だく いだく かかえる
腕をまわしてかかえこむ。だく。「抱合抱擁抱卵介抱
心の中に思いをいだく。「抱懐抱負
(「」の代用字)両手で持ちあげるようにしてかかえる。「抱腹絶倒
[名のり]もち

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

抱の関連キーワード秋田県仙北市田沢湖神代網無くて淵をのぞくなインキュベーション押さえ柱・押え柱新潟県佐渡市真野コンコラプトルオビラプトルズワイガニ魯魚の誤りクロラール阿部 文助橘 裕代名残の袂まながる大隈言道山田竜谷抱井まな被官百姓玉石混淆江戸時代

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

抱の関連情報